本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

トヨタOB独白「トヨタ流「視える化」成功ノート―「人と現場が変わる」しくみ」

2012/11/17本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ流「視える化」成功ノート―「人と現場が変わる」しくみ


【私の評価】★★★☆☆(78点)


内容と感想

■「視える化」の視点で
 仕事の改善をまとめた一冊です。


 たとえば、
 改善したら、改善前と改善後を
 映像で比較して貼り出す。


 人材の能力を一覧表にする。
 人間は「視える化」することで、
 しっかり理解することができるのです。


・「指摘された内容」「改善策」「改善の結果」は、みんなが見えるところに順次貼り出す。すぐに実行に移せば、みんなが指摘を前向きにとらえるようになる(p69)


■トヨタ流の「視える化」の本質は、
 問題の見える化なのでしょう。


 ふつうの人は問題があると
 マイナスに考えます。


 ところが、
 トヨタはわざと問題を引き起こす。
 わざと困るように、在庫を減らし、
 人を減らすのです。


 問題があれば、それを改善することで、
 問題がなくなり、結果して、
 在庫が減り、人が減るということ。
 本当に逆転の発想ですね。


・在庫を減らす。・・人も減らしていく。すると、途端に体質の弱さが見えてくる。まるでトヨタ流をやったために、問題が出たような気がする。だが実際には、見えなかった問題が表に出て、見えるようになっただけだ(p94)


■ふつうの人の逆の発想。
 これができるのか。
 職場で受け入れられるのか。


 会社が倒産するような状況なら
 受け入れられる可能性が
 あるのかもしれません。


 そういう意味で、
 危機はチャンスなのかもしれませんね。


 若松さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・Eさんの自慢は、「自分がいなければわからない。自分がいなければ仕事は進まない」という管理能力だった・・・はたしてEさんの仕事を「おかしいよ」と言える人がどれだけいるだろうか。(p30)


・私は、生産改革の着手に先立って、各企業の改革推進チームの人たちに「今の状態をしっかり記録に残してください」とお願いする・・・映像にして見ると「汚い工場だなあ」と多少は客観的になれる(p55)


・何も起こらない現場は一つもない。何も起こらないということは、隠しているに決まっている。本気になって問題点を書き出したら、書ききれないほどあるはずです(張富士夫)(p95)


・間接部門の改善・・・「活用しないデータを取り続ける」「現状調査・分析に時間をかけすぎる」「転記作業が多すぎる」「捺印が多すぎる」「ムダなコピー配布が多すぎる」・・(p124)


・B社では発表会という形式にこだわることなく、改善の成果は現場で聞くことにした。経営陣や管理職が現場に足を運び、どのような改善をしたかに耳を傾け、目で確認する(p176)


・「あなたの会社の長所を10個あげてください」こう尋ねると、たいていの経営者が「うちには長所なんかありませんよ」と答える。・・・「うちの売りはこれです」と社員はもちろん、お客様にも「見える」ようにすることだ(p210)



【私の評価】★★★☆☆(78点)



著者紹介

 若松義人(わかまつ よしひと)・・・1937年宮城県生まれ。トヨタ自動車工業に入社後、生産、原価、購買の各部門で、大野耐一氏のもと「トヨタ生産方式」の実践、改善、普及に努める。1984年以降は農業機械メーカーや住宅メーカーなどでもトヨタ方式の導入と実践にあたった。1991年韓国大宇自動車顧問。1992年カルマン株式会社設立。現在同社代表取締役社長。西安交通大学客員教授


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: