本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「トヨタが「現場」でずっと繰り返してきた言葉」若松 義人

2014/09/05本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタが「現場」でずっとくり返してきた言葉 (PHPビジネス新書)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■いつもながらトヨタ式の考え方を
 若松さんに教えてもらいましょう。


 トヨタのすごいところは、
 大企業でありながら、
 考え方が一流ということ。


 そこには、中小企業のような
 スピード感があるのです。


・アイデアがあったら、まずモノをつくってみる。(p188)


■一般の会社だと、
 どうしても甘くなってしまう
 標準がしっかりしている。


 そして標準を見直す仕組みがある。
 さらにそれを何十年も繰り返している。
 これでは追い付けませんね。


・トヨタ式の標準作業は、最初から「完璧」を求めない。・・・完璧どころか、最初は少し「甘い」くらいでいい・・知恵を出せるし、改善もできる(p173)


■「巨象も踊る」という本がありましたが、
 まさにトヨタはうまく踊っていると、
 感じました。


 一度、トヨタの会社に入社して、
 潜入取材でもしたいものです。


 若松さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・現場は見たのか?(p21)


・想いを「見える化」せよ。(p32)


・工場に飯を食わせてもらっていることを忘れるな。(p36)


・大野氏はこういった。「そうだ、わしだって辛抱している。仕事は権力ではない。理解と納得である」(p93)


・原価というものは下げるためにあるわけで、計算するためにあるんじゃない(p139)


・正しい在庫管理には「平均値」ではなく、一品一品の適正在庫をチェックする必要があるのではないか(p147)


・異論がないということは、異論を見逃していると思え。異論がなければ異論をつくれ。異論をわかったうえでやれ(p179)


・会社の在庫が多ければ多いほど、本当に必要なモノはない(p205)


トヨタが「現場」でずっとくり返してきた言葉 (PHPビジネス新書)
若松 義人
PHP研究所
売り上げランキング: 44,595

【私の評価】★★★★☆(83点)



■目次

第1章 トヨタが「現場」を動かすときに使う言葉
第2章 トヨタが「人財」を育てるときに使う言葉
第3章 トヨタが「チーム」力を上げるときに使う言葉
第4章 トヨタが「改善」するときに使う言葉
第5章 トヨタが「知恵」を絞るときに使う言葉
第6章 トヨタが「なぜ」を問うときに使う言葉
第7章 トヨタが「実行」するときに使う言葉
第8章 トヨタが「WAY」を伝えるときに使う言葉


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: