本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「感情を自在にコントロールする極意」潮凪 洋介

(2014年9月 4日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

感情を自在にコントロールする極意

【私の評価】★★★★★(90点)


■世の中にはいろいろな人がいますので、
 人間関係もいろいろあると思います。


 この本では、世の中で出会うであろう
 自分をイヤな気持にさせる人への
 対応法を学びます。


 私もいろいろ考えてきましたが、
 著者のほうが一枚上手でした。


・「迎撃フレーズ」を用意しておく・・・「そういう発言は腹が立ちますね。やめてもらえないですかね?」「言っていいことと悪いことがあるんじゃないですか?」「そういう物言いは、人から嫌われると思いますよ」(p95)


■人は基本的に同じような人同士が、
 集まる習性があります。


 同じような人同士なら、
 それほど苦労はしませんし、
 会話も慣れている範囲で対応できます。


 しかし、職場となると
 年齢から育った環境まで異なる人が集まり、
 一緒に仕事をするのですから、
 人間関係で苦労するのは当然でしょう。


 そうした中では、やはり
 「言うべきことを言う
 ことが必要となるのです。


・言うべきことを言えるようになれば、・・・「あなたにマイナスをもたらす言動をしなくなる」その可能性が広がるのです(p38)


■では、どうすれば
 「言うべきことを言う」
 ことができるのか。


 まず、演技で言う。
 サッカーの審判のつもりで言う


 人生というドラマの中で、 
 自分は自分の役を演じているに
 過ぎないのです。


・演技で叱る・・・・「これから私はこの人を教育するために怒ったフリをする」とテンションを上げます(p98)


■確かに、
 人生はドラマだと思いました。


 やってもやらなくても、
 いずれ終わりがやってくる。


 それも一回しかない
 ドラマなのです。


 潮凪さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・部下の失礼な物言いには、「そういう言い方はやめなさい」と言う(p68)


・「私には二面性があります」そう笑顔で言い切れるくらいの勇気を持ってほしいと思います(p43)


・言いたいことを言えない人は、まず「お手本」になる人を探せ(p190)


・サッカーの審判になったつもりで、イエローカードを出すようにサッと注意する(p113)


・世の中には2種類の人がいます。「みんなの幸せを願う人」と「自分の幸せしか願わない人」です(p84)


・自己チューの人間には、「寂しくて不幸な人」とほくそ笑む(p84)


・「100%誰からも好かれようと思わない」こと・・「世界中の気の合う人とだけ、1人でも多く出会う」と決心するのです(p32)


・イライラの原因になる人を、視界に入れない(p121)


・不安やクヨクヨは、「何かを変えよ」というサイン(p147)


・会社で繰り広げられるイザコザは、フィクション映画のワンシーンに過ぎない(p157)


感情を自在にコントロールする極意
感情を自在にコントロールする極意
posted with Amazonアソシエイト at 14.09.03
潮凪 洋介
PHP研究所
売り上げランキング: 98,176

【私の評価】★★★★★(90点)



■目次

1章 誰にでもいい顔をしてしまう自分を今すぐやめる9つの極意
2章 あなたをイライラ・クヨクヨさせる相手に振り回されない14の極意
3章 イヤな感情から自分を守る39の極意


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: