「YESを引き出す16の戦略・リアルインフルエンス」マーク・ゴールストン,ジョン・ウルマン

|

YESを引き出す16の戦略・リアルインフルエンス

YESを引き出す16の戦略・リアルインフルエンス」マーク・ゴールストン,ジョン・ウルマン

【私の評価】★★★☆☆(76点)


人は感情の動物です


 人を動かすには、
 人が動きたくなるように
 感じさせればいい。


 強制ではなく、
 強力に人を動かす秘密を
 この本で学びます。


・相手に何かをさせようとすれば失敗する・・
 相手の反感を買いながら、
 その人を変えることはできない(p14)


■まず、はじめての人間関係では
 関係性を構築するのが
 最重要課題となります。


 その関係性を無視して、
 論理的に正しいことを通そうとするときに
 落とし穴があったりします。


 あなたは正しいがゆえに、
 相手の気持ちに気がつかない可能性が
 高まるのです。


 相手は、自分の無知を棚に上げて、
 「配慮のない人だな」と
 感じることでしょう。


 特に無知な人こそ
 そう感じるのです。


正しいこともまた、危険性と欠点を持っている・・ 
 "あなたの視点"と"相手の視点"の間に
 非常に大きなギャップが生まれるからである(p37)


■確かに人を動かすためには、
 その人との関係性を作らないと
 だめだと分かりました。


 敵対関係でもだめですし、
 相手になめられてもいけない。


 なめられるくらいなら、
 怖れられるほうがいい。


 ベストは、
 相手から畏敬されるか、
 最も大切な友人という関係です。


 ゴールストンさん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「もしあなたが相手を動かそうとするなら、
 壮大なもの、つまり大きな成果を求めよ」、
 これに尽きる(p52)


・強力かつ目立たない方法での(自分の評判の)強化を
 望むのであれば、あなたが高く評価している人物の
 味方になればよい。(p70)


・もし自分の中に怒りがこみ上げてきたり、
 防御的になっていると感じた場合には・・・
 「私に理解してほしい最重要ポイントは何?
 あなたの視点から見て、どうしてそれが重要なの?」・・
 相手があなたに伝えようとしていることを
 完全に理解することができるようになる(p130)


・東に行けば行くほど、ビジネスはより関係性重視に
 なっていくのさ。実際に中国や中東などでは、
 取引開始前に強い関係性を構築することが
 極めて重要らしい(p160)


・できなかったことをはっきり説明し、
 「ごめんなさい、僕が間違っていたよ」
 と言って謝る(p235)


成功の秘訣は、始めることだ
 マーク・トウェイン(p267)


YESを引き出す16の戦略・リアルインフルエンス
マーク・ゴールストン

売り上げランキング: 116,958

YESを引き出す16の戦略・リアルインフルエンス」マーク・ゴールストン,ジョン・ウルマン

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■目次

第1部 悩み 相手を動かそうとして、もがくのはなぜだろう
第2部 ステップ1 大きな成果を求める
第3部 ステップ2 死角を通過する音に耳を傾ける
第4部 ステップ3 "相手の視点"に立つ
第5部 ステップ4 もう一歩踏み込む
第6部 パワーインフルエンサー
第7部 応用


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへblogrankings.png


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)