「スタートライン」喜多川 泰

| コメント(1) |

スタートライン

【私の評価】★★★★☆(85点)


■期待の喜多川 泰さんの青春小説です。


 喜多川さんの良いところは、
 単なる小説ではなく、
 成功哲学を織り込んでくれるところ。


 「五年後の自分の可能性を舐めるなよ
 って言われたら、ドキッとしませんか。


・宮下先生は違った。
 「おまえたち、大人はええぞ。
  自分の好きなことをして生きていける
・・・
  絶対オモロいぞ。早く大人になれ。
  大人になったらもっといろんなことを
  教えたるからな」(p19)


■今回のお話は、
 学ぶことが好きな高校生が恋に落ちる。


 ところが誤解から、
 二人は好き合っていることを知らずに、
 違う大学に行ってしまう。


 しかし、それぞれの大学生活を送り、
 失敗や成功を経験し、
 二人が約束の場所でまた出会う。


 出会いは偶然ではないということです。


■同じ場面を、
 男の子と女の子の視点から
 描写しています。


 男と女の感じ方って、
 こんなに違うんだ。


 そして、先生や彼女のお父さん、
 あやしい出演者が、
 いろいろ良いことを教えてくれる。


 人とは、それぞれの思いで
 行動しているから、
 影響しあいながら、誤解しながら、
 生きていくのですね。


・お父さんはね、学校を卒業してからが本当の勉強だから、
 今のうちにできるだけ勉強を楽しめる人になれって
 いつも言ってる。(p57)


■喜多川さんが塾で生徒に話していることが、
 いっぱいあるのでしょう。
 それを小説で吐き出している。


 喜多川さんの塾に行きたくなりました。


 喜多川さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・面倒だという理由で逃げてしまうようであれば、
 もともと自分がやりたかったことからすら、
 気づかぬうちに自分から逃げるようになってしまう(p158)


・美容師は一ヶ月に最低でも、ジャンルの違う
 三冊の本と日本の映画、一本の講演会くらいは
 経験しておかないとダメだ・・・
 お客さんが映画の話をしたら、
 最近どんな映画見ました?って
 質問が来るだろ。(p115)


・いい本と出会ったら、
 必ず何か行動を起こして、
 この本と出会ったから
 今の自分があるという状態を
 つくらなければならない。(p167)


・アメリカ人にマッチョが多いのは、
 アメリカ人女性にマッチョ好きが多いからで、・・・
 日本の女の子たちが『本を読む人かっこいい!』
 って言うようになったら、日本男児は世界一の
 読書家集団になるのになあ・・・(p35)


明日死んでしまうかのように生きなさい
 そして永遠に生き続けるかのように学びなさい
 Live as if you were to die tomorrow.
 Learn as if you were to live forever.(p15)


スタートライン
スタートライン
posted with amazlet at 12.09.28
喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 14338

【私の評価】★★★★☆(85点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)