本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人は上司になるとバカになる」菊原智明

(2011年9月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

人は上司になるとバカになる (光文社新書)


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

■トヨタホームで、7年間ダメ営業マンとして
 上司にいじめられる。


 しかし、最後の4年間はトップ営業マンとして
 成果を出し続けた菊池さんの一冊です。


 トヨタホームには、
 ひどい上司がいたようですね。


 (良い上司もいたようですが)


・上司という"立場"は恐ろしい。人をガラッと変えてしまう力を持っているのだ。(p9)


■みなさんの近くにもいると思いますが、
 恫喝する人、人間性を否定する人、
 不機嫌な人、情報を出さない人・・・。


 色々な上司がいるものです。


 しかし、どんな上司であっても
 自分は成果を出さなくてはなりません。


 上司はあくまでも
 責任を取ってくれる
 アドバイザーなのですから。


・はたと気がついた。私が成績を挙げられなかったのは、誰のせいでもなかった。「なんてヤな上司だ、最低な会社だ」と、考えても埒が明かないことばかりに囚われ、自分が本来すべきことをほとんどやっていなかったからだったのだ。(p29)


■いずれみなさんも
 上司になるわけですから、
 部下のときの気持ちは忘れたくないものです。


 それを思い出させてくれる一冊でした。


 菊原さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・イヤな上司に対する一番の仕返しは、あなたが圧倒的な成果を挙げることである。(p150)


・部下に威張り散らす上司は、往々にして社長や取締役を前にしたとたんに態度が急変する・・・攻撃的な人間は、反面、他人からの攻撃に弱かったりもするものだ。(p31)


・不機嫌な上司は、自分がイヤな上司であることを、あまり認識していない場合が多い。その意味では、あなたのことが嫌いだからそういった態度に出ているわけではないのだ。(p94)


・独裁者タイプの上司は、怒ることでしか人を動かす方法を知らない。・・・上司のひと言ひと言をいちいち真に受けて萎縮してしまうと、その上司は図にのって、さらに威嚇や恫喝をしてくる(p98)
 

・お客様が十分資料に目を通されるのを待って、お客様の質問だけに答え、購入されるかどうかの判断は、お客様に完全に委ねるという方法をとるようにした。その結果、どんどん実績を挙げていったのである(p70)


▼引用は下記の書籍からです。

人は上司になるとバカになる (光文社新書)
菊原智明
光文社 (2011-08-17)
売り上げランキング: 2830


【私の評価】★★★★☆(80点)



著者紹介

 菊原智明(きくはら ともあき)・・・営業サポート・コンサルティング株式会社代表取締役。1972年生まれ。トヨタホームに入社し、「営業レター」で4年連続トップ営業となる。約600名の営業スタッフ中でMVPを獲得。2006年に独立。現在、上場企業への研修、コンサルティング、セミナーを開催。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: