本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「遊びの品格」川北 義則

本のソムリエ 2011/09/06メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

遊びの品格 (中経の文庫)


【私の評価】★★★★☆(85点)


要約と感想レビュー

■経済が縮小していると、
 こずかいも余裕も減って、
 遊ぶ人が減っているように感じます。


 そうした中で、
 「遊び」のすすめ 
 とでもいうべき
 この本がお奨めです。


・憧れの楽器にチャレンジしよう(p228)


■「遊び」ができる人ほど、
 仕事もできるといわれますが、
 これは本当でしょう。


 何でも興味を持って取り組む人は、
 仕事もできるのです。


 さらに休日の活動の知識が
 仕事に役立つこともあるのです。


 実は、ビジネスマンで差がつくのは、
 休日に何をしているのか、
 というところが大きいのかもしれません。


・「あの人変わってるよね。何であんなことが面白いんだろう」そう、他人から不思議がられるような、しなくてもいいこと、つまり遊びを見つけられたら最高だ。(p20)


■「平日温泉一人旅」というアイデアも
 ありました。


 これはいいかもしれない。
 みなさん、遊びましょう。


 川北さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・私の知り合いには、平日、会社が終わった後、一時間半ほどで行ける温泉宿に一人でふらりと出かけて食事と温泉を満喫し、翌朝、宿から会社に出社する「平日温泉一人旅」を趣味にしているサラリーマンもいる。(p77)


・絵に興味があるなら、美術館に足しげく通って、本物を数多く見ること・・・その際、注意すべきは、
 1 値段で絵を見ない
 2 意味を理解しようとしない
 3 気に入った絵をじっくり観る(p223)


・どのように金が動こうとも、いかに心の平静を保っていられるかを楽しむのが博打の本質(『できる人間はよく遊ぶ』藤井康夫)(p195)


遊びの品格 (中経の文庫)
川北 義則
中経出版
売り上げランキング: 16718


【私の評価】★★★★☆(85点)



著者紹介

 川北 義則(かわきた よしのり)・・・1935年生まれ。大阪府出身の著述家、出版プロデューサー。慶應義塾大学経済学部を卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。文化部長や出版部長を歴任し、1977年に日本クリエート社を設立し独立。出版プロデューサー、生活経済評論家として執筆・講演活動を行っている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: