「聖夜 ― School and Music」佐藤 多佳子

| コメント(0) |

聖夜 ― School and Music

【私の評価】★★★★☆(85点)


■父と母は10歳のときに離婚した。
 母は、ピアノを弾いていた。


 高校三年の鳴海は
 オルガン部に入り、
 文化祭でコンサートを
 することになる。


 思いもせず、
 母が弾いていた
 メシアンを弾くことにした。


・母が残していったメシアンのレコードは、
 全部聴いていた。譜面を見て、弾こうともしてみた。
 俺はメシアンという作曲家が好きなのか
 嫌いなのかすら、よくわからない。(p42)


■メシアンの曲は、非常に難しい。


 母親のメシアンを思い出しながら、
 とりあえず弾けるのだが、
 何かがたりない。


 結局、文化祭は、
 ロックの好きな友達と
 逃げ出してしまった。


 コンサートから逃げただけでなく、
 すべてから逃げたかったのかもしれない。


・俺のメシアン?俺の音?・・・
 結局、よくわからない。
 そもそも、"俺のメシアン"なんてものを
 弾きたいのかどうかすら。
 ただ、今の状態には納得できない。
 我慢できない。何度も何度も弾いていけば、
 何かが見えてくるのだろうか。(p91)


■まじめな牧師の父と、
 父を裏切った母。


 ピアノと同級生との恋。


 主人公の心がよく描かれていると
 思いました。


 牧師の父が、自分に似ているような
 気がするのが、
 ちょっと気になりましたが。


 よい本だと思います。


 佐藤さん、
 良い本をありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・悪くはないんだ。
 俺なんか、こんなものんだとも思うし。
 でもなあ、もやもやする。
 イライラする。
 そして、思い出す。
 思い出そうとする。
 母の弾くメシアンを。(p78)


・「あの子は何十年と生きてきて、
 私に一度も叱られたことがないんだよ。
 悪さなんて考えつきもしないんだろうね。
 めったにいないよ、あんな子は。
 優しくて。正しくて。優しくて。優しくて」
 父のことだ。
 祖母は涙ぐんでいた。(p155)


・うらやましい。
 祖母のような母親のいる父がうらやましかった。
 俺は俺のために泣いてくれる母親はいない。
 俺の母は、自分のために泣く女だった。(p158)


・「なぜ怒らないのかとよく言われた。
 あなたは怒っているはずなのに、私を怒らない。
 神様が私を許すはずだから、
 自分も許さなければいけないと思っている。
 人間のくせに神様を気取っている」(p165)


聖夜 ― School and Music
聖夜 ― School and Music
posted with amazlet at 11.09.05
佐藤 多佳子
文藝春秋
売り上げランキング: 27930

【私の評価】★★★★☆(85点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)