本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人たらしの流儀」佐藤 優

(2011年8月 9日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

人たらしの流儀

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■諜報の世界に生きた佐藤 優さんに聞く
 人間関係構築の技術です。


 恋人から仕事まで、
 どうやって信頼関係を築くのか、
 人たらし入門というところでしょうか。


・ホステスがよく言うのは、誉めるところがまったくない男がきたら、「いいネクタイね」とネクタイを誉めろと。大切なのは、嘘をつかないことです。(p24)


■諜報の世界でも、
 人間関係の基本は同じようです。


 人の話を聞く。
 オウム返しで相槌をうつ。
 話の引き出しを持っておく。
 ウソはつかない。


 そして、
 嫌われない配慮が必要ですが、
 侮られてもいけないということです。


・自分自身が、ある怖さを持たなければダメです。・・・・もし、相手から無礼なことをされたら、大暴れしないといけません。毎回やるのは変人ですが、二十回に一回ぐらいなら大丈夫でしょう(p162)


■佐藤 優、入門書というところでしょうか。
 気軽に読んでください。


 佐藤さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・相手が話さない場合は、こちらからバカ話をする。どんなバカ話をするかは、自分で幾つかの引き出しを持たなくてはいけませんね・・・いくつかの小説を読んでおくようにすることです(p53)


・付き合い方は考えなくていいけど、気をつけることは、恨みを買わないことです。誰であれ仕事相手には丁寧に接することが大切です(p161)


・新聞の束だけバサッわたされたら、それはインフォメーション。ところが、新聞記事の中に付箋が付けられていたり、ラインマーカーでチェックが入っていたりしていたら、それはインテリジェンスになります(p13)


・新聞の購読方法・・・東京で生活しているのなら、朝日と産経です・・・両極をおさえておくことが重要です・・・英語ができるのならば、ヘラルド・トリビューン誌をお薦めします(p86)


人たらしの流儀
佐藤 優
PHP研究所
売り上げランキング: 7872


【私の評価】★★★☆☆(77点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: