本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本中枢の崩壊」古賀 茂明

(2011年8月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本中枢の崩壊 (講談社文庫)

【私の評価】★★★★☆(87点)


■最近テレビ出演の多い
 現役改革派官僚の古賀さんの一冊です。


 古賀さんがこれだけ捨て身に
 官僚組織の改革を主張するのは、
 大腸がんという大病をして、
 人生観が変わったからかな、
 と思っていたら違いました。


 古賀さんは以前から改革派だったのです。
 古賀さんが関わったのは次の3つ。


 持ち株会社の解禁。
 セルフ給油の解禁。
 クレジットカード偽造の罰則強化。


 こうした取り組みからわかるように、
 古賀さんは、以前から規制緩和に
 取り組んでいたのです。


・「平成の身分制度」の廃止・・・
 保護の強さの順でいえば、
 「官・農・高(高齢者)・小(中小企業経営者)」(p332)


■この本で面白いのは、
 官僚の権力維持の要諦と思考パターンが
 わかるということです。


 法律を整備し、
 予算をつけて仕事や組織を創る。


 そして、業界のために
 その規制を維持する。
 そして、天下る。


・天下りがいけないという理由は二つある。
 天下りによってそのポストを維持する、
 それによって大きな無駄が生まれる、
 無駄な予算がどんどん作られる、あるいは
 維持されるという問題が一つ、
 もう一つは、民間企業などを含めて
 そういうところと癒着が生じる(p138)


■安倍総理が作った
 天下りの斡旋を禁止するという
 「国家公務員法改正」は
 既に骨抜きになりました。


 また、公務員の定年延長も
 画策しているらしい。


 増税と合わせて、
 自分のこととなると
 準備が早いですね。


・霞ヶ関だけは過去の遺物ともいえる年功序列と
 身分保障をいまだに絶対的な規範にしている。
 国民に対して、結果を出せなければ責任を取るべきなのに、
 悪事を働かない限り降格もない。年金がなくなっても、
 歴代の社会保険庁の長官は、いまだに天下りや渡りで
 生活を保障されている(p150)


■古賀さんは、
 会社の経営者的な視点で
 考える人なのでしょう。


 そうした人が、
 ここまで言わなくてはならないくらい
 国家財政は厳しいのかもしれません。


 古賀さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・この人事院というのが不可思議な組織で・・・
 事務局は上から下まで全部国家公務員だ。
 つまり、第三者といいながら、
 実は公務員が公務員の給料などの
 待遇を決めているのである(p70)


・若者は、将来の日本の株主として
 税金や保険料を強制的に徴収される、
 いわば出資者である。彼らから見れば、
 日本が破綻して、IMFが乗り込んで、
 公務員を削減、無駄な既得権保護の
 補助金をカットし、年金の額を引き下げ、
 支給開始年齢を引き上げるなどの改革を
 やってもらったほうが特だ。
 つまり、本来はこれと同じことを
 政府がやらなければいけない(p310)


・国税庁はその気になれば、
 普通に暮らしている人を脱税で摘発し、
 刑事被告人として告訴できるのだ・・・
 財務省にとって、この懐刀が、
 いざというときにものをいうのだ(p198)


・通産省と電力会社の癒着ぶりは目に余るものがあり、
 特に東京電力に睨まれたら出世はできない、
 などという話を聞いたことがある。(p258)


・危機管理の要諦はいくつかある・・・ 
 まず、現場に総理直結のスタッフが真っ先に飛ぶ。
 実際にはその代わりに総理自らが原発に飛んだ(p26)


・霞ヶ関言葉で「積極的に」は、
 基本的に「やる」という意味だ・・・
 「○×等」と「等」を入れた場合、
 後で拡大解釈するための布石だし、
 「前向きに」は「やる」、「慎重に」は
 「やらない」という意味だ(p244)


日本中枢の崩壊
古賀 茂明
講談社
売り上げランキング: 33

【私の評価】★★★★☆(87点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

国民が頑張っても、
シロアリのように日本を食い尽くしていく
官僚の実態にショックを受けました。


同じカテゴリーの書籍: