本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本国家の真髄」佐藤 優

2010/08/05本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本国家の神髄


【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■著者は外務省において、
 「ロシア情報収集分析チーム」を
 統括していました。
 いわゆる諜報組織です。


 メンバーの能力は、
 他国に比べ劣りませんでしたが、
 著者は、何かが足りないと感じたそうです。


 それは、この仕事に命をかけることが
 できるのか、ということです。


■そこで著者は、過去の日本のスパイ活動、
 他国のスパイ活動を学習するとともに、
 日本の伝統、文化を勉強しました。


 皇室とはなにか、日本の神話は?
 日本国とはなんなのか、
 ということです。


 そうした学習のなかで、
 日本国のために命をかけるという
 意識が高まってきたそうです。


・自らの命を投げ出す心構えができていない・・・『古事記』『日本書記』『神皇正統記』『太平記』など日本の古典を読み、われわれの伝統を知ることだ。(p2)

 
■そうした背景から、著者は、この本で
 戦前に文部省が発行した「国体の本義」を
 読み解き、日本とは何なのかを考えていきます。


 「国体の本義」とは、
 国体とはそもそも何なのかを明らかにするために
 文部省が作成したパンフレットですが、
 私にはまったく手に負えませんでした。


・日本は、高天原の神々と直接つながる皇統を有する神の国なのである。天皇を原点にわれわれは召されている集団だ。われわれ日本人は神の国の民なのである。(p154)


■唯一、わかったことは、日本という国は、
 天皇を中心にまとまってきた国であるということ。


 そして天皇は遡れば、神に行き着く。
 つまり、日本は神の国であるということです。


 内容は難解でしたが、
 日本が神の国であることはわかりました。
 佐藤さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・どの民族もその伝統を最後まで突き詰めていくならば、かならず神話に行き着く。日本の場合、『古事記』と『日本書記』で集大成された天地開闢、天孫降臨に対する感覚をわれわれ日本人が取り戻すことが重要だ。(p68)


・没我帰一とは、各人が自己中心の考えを捨てて、一つにまとまることである。・・・皇室を中心として、没我帰一を可能にする精神が、日本語の中に埋め込まれていることを、われわれは感謝して受けとめなくてはならない(p208)


・世のため、人のために役に立つ人間となるために知識を習得しなくてはならないという動機づけを生徒に対して行うことが教育者の重要な責務である(p241)


・人間の理性に基づいて、理想的な社会や国家を構築できるという発想自体が、1789年のフランス革命のときに議長席から見て左側にすわっていた人々、すなわち左翼の思想なのである・・・右翼は、人間の理性には限界があると考える。(p21)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★☆☆☆(65点)



■著者紹介・・・佐藤 優(さとう まさる)

 1960年生まれ。
 外務省入省。在英国日本国大使館、ロシア連邦日本国大使館、
 外務本省国際情報局分析第一課。
 平成14年5月、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。
 平成21年6月、最高裁により上告棄却、有罪が確定し、外務省の職を失う。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: