本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ」波頭 亮

(2010年8月 6日)|

成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ (ちくま新書)

【私の評価】★★☆☆☆(66点)


■戦略コンサルタントが考える
 日本のビジョンと戦略です。


 波頭さんの主張は、
 増税と社会福祉強化と自由経済です。
 プラス教育。


 自由経済とは、規制緩和、
 競争のある社会です。


・(OECDの企業が労働者を解雇する難易度を指標化した調査)
 先進国の中では、最も解雇しにくい方からドイツ1.19、
 フランス1.08、日本0.85となっている・・・
 解雇し易い方ではアメリカが0.23、
 イギリス0.49(p157)


■高福祉と自由経済は合わないんじゃないか、
 と考える人がいるかもしれませんが、
 それは逆なようです。


 高福祉だからこそ、会社が不要な人を
 解雇することができる環境にすることが
 できると主張しています。


 (実際に実現可能かどうかは疑問ですが)


・「高福祉なのに自由経済」ではなく、
 「高福祉だからこそ自由経済」だと理解すべきである。
 手厚い社会保障による生活の保障があるからこそ、
 労働者は解雇に応じる(p160)


■こうした国家戦略のようなものは、
 複雑であり国民の運命がかかっていると思うと、
 非常に判断の難しいもののように感じました。


 とりあえず、統計データを見ながら
 自分でも考えてみたいと思います。


 波頭さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・労働時間について言うと、日本は年間1772時間・・・
 1985年には日本が約2100時間・・・
 GDPを生み出すための経済要素としての
 「労働」が減少(p41)


・企業も国家も「成長は全てを癒す」と言われるが、
 「成長が止まると、全ての問題が吹き出す」
 のである(p81)


・日本の経済が歪んでしまった最大の理由は、
 増税をして来なかったことにある。・・・
 95年以降、合計226兆円にも上る
 景気対策を打って来たが、
 これは国債の発行によって賄われた(p104)


成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ (ちくま新書)
波頭 亮
筑摩書房
売り上げランキング: 850
おすすめ度の平均: 4.5
5 政治家からこんな「ビジョンとプラン」を聴きたい
5 広く深く
5 こういう本を待っていました
3 日本経済は本当に成熟化しているのか?
4 成長戦略論が景気対策一辺倒への警告になる

【私の評価】★★☆☆☆(66点)



■著者紹介・・・波頭 亮(はとう りょう)

 1957年生まれ。マッキンゼーを経て、
 88年(株)XEEDを設立し独立。
 戦略系コンサルティングの第一人者。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: