「全体最適の問題解決入門」岸良 裕司

|
【私の評価】★★★☆☆(75点)


■ゴールドラット博士の問題解決の
 思考法を岸良さんが解説してくれる一冊です。

 ここで言う正しい問題解決とは、
 全体最適となる解決法です。


■ゴールドラット博士の全体最適思考プロセスは、
 相反する課題を同時解決する道を
 さぐる思考法です。

 たとえば、
 普通の人は、「労働時間が長い」という問題と、
 「収入が少ない」といった問題を
 相反するものと考えます。

 ゴールドラット流では、
 これらを同時達成する方法は、
 本当にないのでしょうか?と考えます。


・解決策を導き出すための質問・・・
 「変える」ことで、「安全を確保する」方法は
 本当にないのでしょうか?(p31)


■いろいろな人の集まる会社の中は、
 部分最適しか考えない人と、
 全体最適を考える人の戦いの場です。

 そして、部分最適で作られた仕事は、
 見方を変えれば宝の山ともいえるでしょう。

 そうした部分最適の考え方を
 本当は破れるのでは、と思わせてくれる一冊でした。


■私の来年の研究のアイデア出しで
 ちょっと使わせてもらおうと
 思いましたので、★3つとしました。

 良い本をありがとうございました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・目覚ましい成果を挙げた先達は、
 一様に高い理想を掲げることの重要性を語る(p154)


・講評のやり方・・・
 『いいところを2つ。欲を言えばのところを1つ』
 見つけることだ。(p181)


▼引用は、この本からです。

全体最適の問題解決入門―「木を見て森も見る」思考プロセスを身につけよう!
岸良 裕司
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7619
おすすめ度の平均: 4.5
5 TOC思考プロセスの最新情報が満載
4 理想に近づくための強力なツールの紹介
5 岸良さんの本はホンワカ!
4 つながりによる問題解決へのシフト
5 制約理論の最高の入門書

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■著者紹介・・・岸良 裕司(きしら ゆうじ)

 1959年生まれ。
 ゴールドラット・コンサルティング・ディレクター。
 日本TOC推進協議会理事。


─────────────────

■関連書評■

a. 「目標を突破する実践プロジェクトマネジメント」岸良 裕司
【私の評価】★★★★★


b. 「「よかれ」の思い込みが、会社をダメにする」岸良 裕司
【私の評価】★★★★☆


c. 「三方良しの公共事業改革」岸良 裕司
【私の評価】★★★★☆


d. 「過剰管理の処方箋」金井 壽宏、岸良 裕司
【私の評価】★★★★☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)