本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「人間というもの」司馬 遼太郎

2009/12/08本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

人間というもの PHP文庫


【私の評価】★★★★☆(85点)


内容と感想

■私は、司馬遼太郎の本が好きなのですが、
 なんといっても時々出てくる名言が
 大好きで、その名言を探しながら
 読んでいるといってもいいでしょう。


 この本では、そうした名言を
 司馬遼太郎の著書から
 ピックアップしています。


■いま、テレビドラマでやっている
 「坂の上の雲」を読んだときは、
 「精神主義と規律主義は,
 無能者にとって絶好の隠れ蓑である」
 という名言にしびれました。


 司馬さんの名言は、
 人間の本性というものを
 ずばりと表現しているものが
 多いと感じます。


・千代は、利口さを、「無邪気」で擬装していた。利口者が、利口を顔に出すほどいや味なものはないということを、この娘は、小娘のころから知っている。「功名が辻」(p228)


■司馬遼太郎さんは、こうした名言を
 出演者に言わせるために小説を
 書いていたのではないかとも
 思えるところがあります。


 司馬遼太郎の名言の
 エキスだけ楽しめますので、
 本の評価としては★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・人間、思いあがらずになにができましょうか。・・・才ある者は思いあがってこそ、十の力を十二にも発揮することができ、膂力ある者はわが力優れりと思えばこそ、肚の底から力がわきあがってくるものでござります「国盗り物語 一」(p12)


・人の一生はみじかいのだ。おのれの好まざることを我慢して下手に地を這いずりまわるよりも、おのれの好むところを磨き、のばす、そのことのほうがはるかに大事だ「峠 上」(p20)


・小人という西郷の用語は己れを愛する者という意味である。「・・・小人ほど才芸のあるもので、むしろこれを用いねばならぬものである。さりとてこれを長官に据えたり、これに重職をさずけたりするとかならず国家をくつがえすことになる「翔ぶが如く」(p24)


・何者かに害をあたえる勇気のない者に善事ができるはずがない、と継之助は考えている「峠 上」(p49)


・自己を忘れれば天の心にちかくなり、胸中が天真爛漫としてきて、あらゆる事や物がよく見えるようになった「翔ぶが如く 二」(p188)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(85点)



著者紹介

 司馬 遼太郎・・・1923年生まれ。本名、福田 定一。学徒出陣のため大学卒業後、入隊。終戦後、いくつかの新聞社に勤務。1960年、『梟の城』で第42回直木賞を受賞。1961年に産経新聞社を退職し、作家生活に入る。「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」など名著多数。1996年逝去。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: