「空海の風景(下巻)改版」司馬 遼太郎

|

空海の風景〈下〉 (中公文庫)

【私の評価】★★★★☆(85点)


■空海は、唐の首都長安で密教の正系を
 伝承している恵果から相伝者として選ばれ、
 密教のすべてを日本に持ち帰りました。


 恵果には千人もの弟子がいたと
 言われていますが、後継者として
 選ばれたのは日本からの留学生である
 空海であったのです。


 空海が選ばれたのが奇蹟とすれば、
 短期間に漢語、サンスクリット語で
 密教の伝承を完了したことも
 奇跡といえます。


・恵果は、空海にその法をことごとく
 与えたあと・・青竜寺において死んだ・・
 長安の東郊孟村というところに埋葬し、
 同時に碑が建てられた・・・
 空海の撰および書である。恵果の門人
 数千のなかからとくに空海がえらばれた・・
 恵果ほどの人物の碑文の場合、
 文も書も当代一流の名士に
 委嘱されるのがふつうであった(p47)


■空海と同時に唐にわたり
 天台宗の体系を持ち帰った最澄は、
 その費用は国家が出していました。


 一方で、空海は私費留学生であり、
 その費用は自分でスポンサーから
 集めたものと考えられています。


 20年間唐で学ぶことを前提とした
 留学生の空海は、たった2年の滞在で
 密教の正統の後継者となったのです。


・空海は、恵果から、一個人としてゆずり
 うけたのである・・要するに空海は、
 日本国から義務を負わせられず、
 経費をあたえられずして、密教を
 「請益」してしまったのである(p31)


■帰国後の空海は、密教を既存の仏教と
 同じレベルかそれ以上の宗教としての
 真言宗を作りあげました。


 また、高野山に密教の思想を
 反映させた寺院を建立し、
 現在の高野山の祖となったのです。


 もう一度、
 高野山に行ってみたいと思います。


 司馬さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・恵果は質問をうけるだけでなく、
 口伝や動作以外では伝えようのない
 秘旨のすべてを空海に教えた。
 空海は・・いちいち筆記した・・
 そのノートが、空海の『秘蔵記』一巻
 である(p25)


・空海は・・このインドの語学をまなんだか
 とおもえる・・サンスクリット語世界は、
 当時の貧困な日本語世界からは想像も
 できないほどに、言語そのものが大きな
 文明を為しており、ふるくから言語哲学が
 発達し、さらに文法学の伝統があり・・
 空海が長安に入ってわずか五カ月ほどで
 習得したというのは、うごかしがたい
 事実であるように思われるが、
 しかしそれほどの頭脳が、
 この世に存在するだろうか(p13)


・恵果は、空海にその法をことごとく
 与えたあと・・青竜寺において死んだ・・
 長安の東郊孟村というところに埋葬し、
 同時に碑が建てられた・・・
 空海の撰および書である。恵果の門人
 数千のなかからとくに空海がえらばれた・・
 恵果ほどの人物の碑文の場合、
 文も書も当代一流の名士に
 委嘱されるのがふつうであった(p47)


・空海の嵯峨(天皇)に対する態度は
 友人のようであり、嵯峨もまた空海を
 友人のように遇したことは、
 嵯峨の詩を見ても想像できる(p180)


・密教は彫刻と絵画を中心として美術によって
 その思想をあらわさねばならないので、
 いかなる宗よりも経費の
 かかるものであった(p360)


・宮廷のもつ権力と財力を追い使わねば、
 巨大な経費を要する真言密教の伽藍や、
 空海以前の仏像とは思想を異にする
 密教仏の制作、あるいは
 おびただしい量の金属を必要とする
 法具類の調製ができなかった(p220)


・もともと密教というのは、唐では「宗」という
 一個の体系のものとは言いがたく、
 仏教界におけるありかたも、既成仏教のなかに
 あらたに入ってきた呪術部門という
 印象のものであった。
 空海が唐ばなれをしたのは、本来
 仏教に付属した呪術部門である密教を
 一宗にしただけでなく、既成仏教のすべてを、
 密教と対置する顕教として規定し
 去ったことである(p364)


・「万灯、万華会を興行せよ」と、
 弟子たちにその趣旨や方法をのべ、
 大いに奉行することを命じたのは、
 かれの死の二年前の八月であった。
 この時代、庶民が夜間、油をもって
 灯をともすということはまずなかった
 ほどに油は高価だった(p390)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


空海の風景〈下〉 (中公文庫)
司馬 遼太郎
中央公論社
売り上げランキング: 5,457

【私の評価】★★★★☆(85点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)