本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「項羽と劉邦」司馬 遼太郎

2004/05/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

項羽と劉邦


【私の評価】★★★☆☆(72点)


内容と感想

■秦の始皇帝の死後、項羽は楚を復興し、
 やがて秦を滅ぼす。
 その軍勢の中には劉邦がいました。


 戦では百戦百勝の楚の項羽と、
 その人柄によって周囲に賢人を得た
 漢の劉邦。
 最後は人なのですね。


■最後には力の項羽ではなく、
 弱いが人望のある劉邦が勝つというのは
 中国というより世の中の常なのでしょう。


 つまり、自力は大切ではありますが、
 自分だけでは限界があり、
 いかに他力を使えるのかということで
 大きな結果を出すのでしょう。


 司馬さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・この呉の発音が漢籍や経典とともに東方の朝鮮南部や日本に伝わって呉音となり、また絹織物をつくるこの土地の方式も伝わって呉服とよわれたりした(上p63)


・親分ー英雄ーは流民に食を保証することによって成立し、食を保証できない者は流民に殺されるか、身一つで逃亡せざるをえない。食は、掠奪によって得る(上p236)


・この大陸にあっては兵士と盗賊の区別がつきがたく、戦って勝てば掠奪し、掠奪を期待することで士気もあがるという習性があった・・(上p350)


・劉邦はただ、「おのれの能くせざるところは、人にまかせる」という一事だけで、回転してきた(中p48)


項羽と劉邦


【私の評価】★★★☆☆(72点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: