本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「項羽と劉邦(上)」司馬 遼太郎

2006/11/16本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

項羽と劉邦(上) (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


●司馬 遼太郎の本はいつ読んでも面白いのですが、
 この本を手にして失敗したと思いました。


 項羽と劉邦という人物を中心に
 「三国志」の時代を鮮やかに描き出してくれる
 のですが、面白いので止まりません。


●こうした本は、その人物の性格、
 時代の背景、雰囲気といったものを
 理解しなくては書けないものなのです。


 そこをリアルに描写していくのが、
 司馬 遼太郎の筆力なのでしょう。


・(項梁というのは、策の多いひとだな)召平は、おもった。策の多いのは読書をしすぎたせいかもしれない。その点は、自分に似ている。(p273)


●私が、司馬 遼太郎の本が好きなのは、
 歴史小説を書きながら、ときおり、人間というものの性質、
 本質といったものを書いてくれるからです。


 実は、そうした人間の性質を書きたくて司馬さんは
 小説を書かれていたのかもしれません。


・権力が人々の恐怖を食い物ににして成長してゆくとき、生起(おこ)る事がらというのは、みな似たような、いわば信じがたいほどのお伽噺ふうであることが多い。(p448)


●歴史を学び、人間というものを学ぶことのできる一冊です。


・幕僚や武将たちは、劉邦の無邪気すぎるほどの平凡さを見て、自分たちが労をおしむことなく、かつは智恵をふりしぼってでもこの頭目を補助しなければどうにもならないと思うようになっていたし、事実、劉邦陣営はそういう気勢いこみが充満していた。(p348)


●一日一冊読むには厳しい本ですが、
 ゆっくり時間があるときには
 最適の一冊でしょう。★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・陳嬰が、母親に相談すると、「王になるなど、決して承知するでないぞ」と、彼女はいった。王とは体裁はいいが、実質は流民の親分で傘下の流民をたえず食わせつづけるか、せめてその期待を抱かせつづける機能をもつ存在であり、その機能をうしなえばほろびるか殺されるということを、母親はよく知っていた。(p253)


・秦の法律では、いったん徴発されてしまった兵や土工が所定の期日までに目的地に着かない場合、全員が死刑ということになっている。(p45)


・暦世、この大陸にあっては兵士と盗賊の区別がつきがたく、戦って買っては掠奪し、掠奪を期待することで士気もあがるという習性があったが、蕭何は極端にこれをきらった。(p350)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★☆☆(77点)



■著者紹介・・・司馬 遼太郎(しば りょうたろう)

 1923年生まれ。学徒出陣で陸軍に入り、満州へ行き、終戦時は本土の戦車連隊所属。復員後、朝日新聞社を経て、産業経済新聞社入社。1961年退社。1960年、「梟の城」で直木賞受賞。1966年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞。多数の作品を残す。1996年永眠


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: