本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「お金をたくさん稼ぐには。―「お金持ち」になれる人の考え方」日下公人

本のソムリエ 2006/11/15メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

お金をたくさん稼ぐには。―「お金持ち」になれる人の考え方 (王様文庫)


【私の評価】★★★★☆(88点)


要約と感想レビュー

●お金とは不思議なもので、
 ないと非常に困りますが、
 お金があってもちゃんとしないと
 それなりに困るもののようです。


 つまり、収入以上に使えばお金はなくなり、
 収入以上にお金を使わなければ
 お金は貯まるのです。


 経済発展とともにお金を持つようなった
 日本人には、お金について学ぶ
 必要があるのでしょう。


・「日本人はお金持ちとよくいわれるが、ウチにはお金がなくて自分は貧乏だ。毎月、思うように貯金ができなくて将来が不安だ」と反論する人がいるかもしれないが・・・世界の国のほとんどは貯金どころか明日食べるものを買うために、必死で働いている (p230)


●まず、お金がない場合ですが、
 お金を稼ぐのは簡単で、
 役立つ人間となること。


 つまり、自分がいることで
 相手にお金を稼がせることができれば、
 その分け前をもらうことができるのです。


 これはすべてのお金儲けの基本的な
 考え方であり、相手は何を求めているのか、
 何に困っているのか、その答えを与えれば
 代わりにお金がもらえるのです。


・カーネギーには、お金儲けに関するさまざまなエピソードが残されている・・・カーネギー少年はその写真屋のひとつを訪ね、こういった。「私を倍の時給で雇いなさい。その代わり一ヶ月でこの店の売り上げを倍にしてみせます」(p70)


●また、お金を有効に使う方法としては、
 普通の日は質素に生活をして、
 誕生日、旅行など行事があるときには、
 奮発してお金を使うというのも
 ひとつの方法のようです。


 毎日100円のビールを飲むよりも
 年3回、1万円のワインを飲んだほうが
 人生は豊かになるのではないでしょうか。


 いわゆるメリとハリ。ハレとケ。
 限られたお金を最大限に使うポイントは
 節約しながらも使う所には使うという
 考え方なのでしょう。 


・人間が発明した知恵は、「平日はコスト・パフォーマンス重視。休みは予算を決めたら、あとはコストを考えない」である。つまりハレとケ。・・・その変化を楽しむことが心と人生を豊かにするのである。(p48)


●次にお金がある場合ですが、
 お金を持つということは、
 お金の使い道を決定するという責任を
 負っていることになります。


 なぜなら、お金の使い道によって
 自分の幸不幸も決定するし、
 その国の経済も左右されてしまうからです。


 単に「お金が欲しい」と考えている人は、
 そのお金で何を達成しようとしているのか
 考える必要があるのでしょう。


志があって、お金がほしいというのであれば、その人はホンモノである。志がないのに漠然とお金が欲しいと思っている人は、ニセモノである。(p61)


●有効な使い道があってこそお金が生きるわけで、
 そうした人にお金が集まっていく。
 それがお金を持つお金持ち、銀行の
 役割なのだと思いました。


 大きな視点で、お金について
 考えてみるきっかけとなる良書だと思います。
 星4つとしました。


この本で私が共感した名言

・お金持ちには心配の種がつきない。お金がないことは、ある意味で幸せなこと。(p84)


・お金そのものが自然に人を幸せにするわけではない。どう使うかによって「幸せなお金」になったり「不幸なお金」になったりする。(p151)


ロシアや中国がやたらにお金を貸せというのは、返す気がないからだ。・・・日本人はそれを知らずに貸してしまい、後でカッとなる。戦争はもともと、こうした海外権益を守るというところからはじまっている。(p210)


▼引用は、この本からです。

お金をたくさん稼ぐには。―「お金持ち」になれる人の考え方 (王様文庫)
日下 公人
三笠書房
売り上げランキング: 687,096


【私の評価】★★★★☆(88点)



著者紹介

 日下 公人(くさか きみんど)・・・1930年生まれ。日本長期信用銀行取締役を経て、ソフト化経済センター専務理事。多摩大学教授、東京財団会長などを歴任。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: