「味方をふやす技術」藤原 和博

| コメント(0) |

味方をふやす技術―[よのなか]の歩き方〈3〉   ちくま文庫

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■世の中は結局、人で作られていますので、
 生きるということは、
 人とかかわっていくということです。


 この本では、リクルートでの仕事で成果を出し、
 さらには第二の人生として教育者として活躍している
 藤原さんが、世の中、つまり人との付き合い方を考える
 きっかけを与えてくれる一冊です。


■エッセー風のまとめでとりとめがありませんが、
 私には人と心を通わせるためのちょっとした
 アイデアが気になりました。


 たとえば、グループで自己紹介するなら
 「自分がどこからどこへ行く人間なのかわかるように、
 3分以上でしてください」と言うとか、


 年賀状は肉筆入りのものだけに
 返信するとか。


■まあ、藤原さんは変わった人なのですが、
 勇気ある変わった人だと思いました。


 頭の良い人ですから「嫌われる」リスクを
 十分理解したうえでやっているわけです。


■藤原さんの著書はかなり読んでいますが、
 楽しいし、間違いがありません。


 もし、勇気があれば、参考にしてみるのも 
 良いのではないでしょうか。
 本の評価としては★3つとしました。
 

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・多くの面接官は・・・学生のときや前の会社での体験で、
   「どんなことに失敗したか。それはなぜ失敗したか。
   そこから何を学んだか」を
   きっちり語ってくれる応募者に好感を持つ。(p20)


  ・上司にもおべっかを使わない。
   他人に媚びていると「自分」が遠のいていく。
   そのようにしていると、きっと嫌われる。・・・
   しかし、嫌われなければいけない。
   そうでもしないと、自分の時間はつくれないし、
   孤独になる空間も持てない。(p42)


▼引用は、この本からです。

味方をふやす技術―[よのなか]の歩き方〈3〉   ちくま文庫
藤原 和博
筑摩書房
売り上げランキング: 60026
おすすめ度の平均: 3.5
3 さりげないコミュニケーション
4 ややおじさくさくはあるかな
3 言いたいのは価値観の再構築
4 よい!
3 うわべだけの つきあいなら するな

【私の評価】★★★☆☆(72点)



■著者紹介・・・藤原 和博(ふじわら かずひろ)

 1955年。リクルート入社。
 東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。
 96年に同社フェロー。
 03年東京都で民間人初の公立中学校長となる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)