「リクルートという奇跡」藤原和博

| コメント(0) |

リクルートという奇跡 (文春文庫)

【私の評価】★★★★☆(82点)


●学生時代にリクルートは
 非常にアクレッシブな会社と思っていましたが、
 最近リクルート出身で活躍している人が
 多いので注目していました。


 ダイエーホークスの高塚猛さんも
 リクルート出身ですね。


●一言でリクルート成功の秘訣は、
 いい人を採って、実力主義で評価し、
 結果して社員がイキイキ(必死に)仕事を
 していたことだと思います。


 そこでいい人を採る知恵ですが、
 必ずお試し期間を設定しているのが
 ポイントです。


 採用であればアルバイトをさせます。
 課長であれば、課長代理で
 様子を見てから課長にします。


●普通の会社では、課長にしてしまい後で
 「しまった!」と思っても
 次の異動までは変更できないし、
 降格も難しいものです。


 いわんや、採用で「しまった!」と思ったら
 後の祭りです。
 会社存亡の危機ですね。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・"プライド"をくすぐるというのが
 欲しい学生を採用するときの人事部のキーワード


・アルバイトをさせれば仕事のできる人間かどうか、
 その意欲と情熱は履歴書や面接での語りを越えて
 ホンモノかどうかが確かめられる。


・皆、競争をしていい仕事をしようとしていた。
 飲んでも、お客さんの話になった。


・関西人の発想で商売を始め、
 関東人が企画などの体裁を整えて、
 それを関西風のローラー作戦で営業し
 圧倒的に参画社数を確保した上で、
 最後に、関東風の企画営業と
 編集文化の味付けでもって事業にする


・オーナーはヤンチャのいい面だけを見て、
 それを使うことができるが、
 組織ではヤンチャを飼うことは難しい。


・20人を超える役員会では、
 どんなに優秀な人が集まっていても、
 結局は衆愚政治に陥ってしまうからだ。


リクルートという奇跡 (文春文庫)
藤原 和博
文藝春秋
売り上げランキング: 60432
おすすめ度の平均: 4.5
4 リクルートは、経営陣が経営している会社ではない
4 リクルートはなぜ「リクルート事件」でつぶれなかったのか
5 ものすごく納得!
5 仕事とは何か
4 新社会人にはおすすめ

【私の評価】★★★★☆(82点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png



無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)