本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「オヤジの知恵」早坂茂三

本のソムリエ 2004/01/07メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(93点)


要約と感想レビュー

●恐るべき知恵が詰まっています。
 これこそ生きた知恵と言うのでしょう。


 この本には、自分で汗を流し、血を流し、
 体験した迫力があります。


 選挙という戦い、役人との戦い、
 政治家としての仁義なき戦いの
 中を通ってきた人の迫力があります。


●今後も早坂氏の著作を全て手配して
 「オヤジの知恵」をフォローします。


 田中角栄とは何だったのか。
 金と数と力の構造はどうなっているのか。
 日本の権力構造を調査します。


この本で私が共感した名言

・人生は些細なことの連続である・・・事を為すには、まず敵を減らすことだ。


・用件は便箋一枚に大きな字で書け。初めに結論だ。理由は二つ三つを箇条書きにせよ。この世に三つでまとめきれない大事はない(角栄)


・人間の生き甲斐は、自分が世間に必要とされている実感だ。


・地位は人をつくるが、内容が薄ければ人格を歪める。


・竹下登さんは、自分がどんなに知っていることでも、相手が言うと、『はあ、ほう、なるほど、さすが・・・・・・』と言う。


・島国日本は大勢の人間が、長い時間をかけて、人の品定めをして、額に値段表を貼り付ける社会だ。


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(93点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png



無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: