本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「話すチカラをつくる本」山田ズーニー

(2009年5月22日)|

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
【私の評価】★★★☆☆(76点)


■言い方一つで、相手への伝わり方が
 違うよねというコミュニケーションの一冊です。


 ケーススタディを使って
 非常にわかりやすく
 ぐっさりとくる一冊です。


■特に、間違いを指摘するところが、
 一つ間違えると、説教になるというところは、
 「ここまでしないよね」と思いつつ、
 注意しないといけないと感じました。


 自分の強い分野ですと、思わず
 「答えを相手に教えてあげよう」といったスタンスで
 言ってしまうことがあるからです。


  ・「相手にとっての意味」をチェックしてみましょう。
   書くほうは、「励まし」のつもりで書いた。しかし、
   相手にとってこれは何か?同期からの「批評」「アドバイス」、
   ひとつ間違うと「説教」です。(p75)


■コミュニケーションは、私の弱い分野ですので、
 私の心にぐっさりと刺さりました。

 確かに言い方一つなんですよね、と
 修行の足りなさを自覚しながら、
 だからこうして読んで勉強して、
 また、実践で修行してみようと思うのでした。


 非常に読みやすく、理解しやすい本だと思いますので、
 ★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・伝わる要件・・・意見+論拠(p20)


  ・折にふれて、私をいま、この会話に向かわせている
   「根本思想」をチェックするようになりました。・・・
   エゴなのか、尊敬なのか、怨みなのか、感謝なのか。(p38)


  ・共感ポイント・・・
   日ごろの相手への理解や共感を、
   積極的に伝えるのも効果があります。(p93)


▼引用は、この本からです。

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
山田 ズーニー
三笠書房
売り上げランキング: 1374
おすすめ度の平均: 4.5
3 コミュニケーション=実技
4 コミュニケーションの基礎を学ぼう
4 静かな、そして真っ直ぐな言葉で
4 通りすがりのバイオ研究者
4 用意周到で安心の対話を

【私の評価】★★★☆☆(76点)



■著者紹介・・・山田ズーニー(やまだ ずーにー)

 1984年ベネッセコーポレーション入社。
 進研ゼミ小論文編集長。
 2000年独立。
 フリーランスとして、文章表現、コミュニケーション
 の教育、執筆、講演を行う。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
35,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: