本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「おとなの進路教室。」山田ズーニー

(2007年9月 5日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

おとなの進路教室。

【私の評価】★★★★★(93点)


■山田ズーニーさんの本は、
 いつもの成功哲学本のように
 答えに一直線に到達しません。


 ズーニーさんの体験があって、
 そしてそのとき自分の心が
 どう動いたかを説明することで、
 仕事への姿勢を鮮明にしていきます。


■編集長として先輩から叱られた。
 高校生の進路指導に悩む。
 独立して自分の立ち位置を見失う。


 そうしたズーニーさんの経験から、
 ズーニーさんと一緒に何かを学ぶことが
 できるのです。


 ・私は、メンバーの自由なアイデアから
  つくりあげたいと言う口実のもと、
  結局は「戦略」を示すことから逃げていた。・・・
  船頭さんは、行き先をはっきり示さなければ(p148)


■人間とは、経験からしか学ぶことができません。


 自分で経験して学ぶか、
 他人の経験から学ぶしかないわけです。


 この一冊で、ズーニーさんの人生を仮想体験
 できるのです。


 ・はっきりと意味や成果が見える目標よりも、
  「なんだかわけがわからないけど面白い」
  というものに自分をひらいておけ!
  いや、飛び込め!というのが、
  個人として仕事をし始めてから、
  自分の鉄則のようになっている。(p252)


■最初から最後まで、手を抜くことなく充実した内容でしたので、
 文句なしで★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・老人ホームの訪問を続けていた姪は、
  そこで、必ずといっていいほど聞く言葉に出会う。
  それは、お年寄りの、
  「家へ帰りたい」という言葉だった。(p13)


 ・「それでもまだ、自分は社会とつながっていたい!」・・・
  「自分が必要とされている」「自分が人の役にたてる」。
  このときの母はほんとうにいきいきとしていた(p31)


 ・ある高校の先生の言葉を思い出した。
  「選択肢は増えたけど、選ぶ自分はいるのかい?」(p72)


 ・「会社というのは大半が雑用。それでも、電話や挨拶、コピーなど、
  たったそれだけのことで人間関係が築かれて仕事につながる。
  それをおろそかにするな」と父に励まされたことがあります。
  (カネト ショウコ)(p116)


 ・人のお財布の口は正直です。
  まず、1人の人間を、
  「お金を払いたい」と思わせる域まで、
  歓ばすことができるか?(p120)


 ・「職業名」×「テーマ」×「実現したい世界観」(p180)


 ・人は手にしていないものに強烈な憧れを託す。
  恋愛・・・仕事の成功体験・・・
  結婚・・・お金 (p192)


▼引用は、この本からです。

おとなの進路教室。
山田 ズーニー
河出書房新社
売り上げランキング: 48451
おすすめ度の平均: 4.5
5 問いを得る本
5 自分の中からは、自分はみつからない
4 「仕事に対する意欲が落ちたな」と思った時に読むといいかも
5 自分探しで行き詰ったら・・・・
4 進路変更に直面してしまった「おとな」向け

【私の評価】★★★★★(93点)



■著者紹介・・・山田ズーニー

 岡山県生まれ。1984年ベネッセコーポレーション入社
 進研ゼミ小論文編集長として高校生の「考える力・書く力」の育成に尽力。
 2000年独立。『ほぼ日刊イトイ新聞』に「おとなの小論文教室」を連載。
 『伝わる・揺さぶる!文章を書く』など著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: