本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「小さな人生論3「致知」の言葉」藤尾 秀昭

2008/07/28本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

小さな人生論・3 (小さな人生論シリーズ)


【私の評価】★★★☆☆(72点)


内容と感想

■世の中には、
 先人の残してきた知恵があります。


 それを今に伝えているのは書籍であり、
 人伝え(セミナー)であり、
 会社組織なのです。


 もし、こうした知恵を自分の体験だけで
 習得しようとすれば何万年もの歳月が
 必要となることでしょう。


・よい本を読め
 よい本を読んで己を作れ
 心に美しい火を燃やし
 人生は尊かったと叫ばしめよ
 (坂村真民)(p99)


■著者は、先人の知恵(人生論)を
 致知出版社という組織と、
 「月刊致知」という雑誌により、
 後世に伝えようとしてきた人です。


 伝える内容は、さすがに堅苦しいのですが、
 引用がうまいので、
 名言集として読むと良いでしょう。


・一国は一人を以って興り、一人を以って亡ぶ、という。小は家庭から大は国家まで、人間が集うあらゆる組織の盛衰は、上に立つ者のいかんで決まる。上に立つ者の責任は大である(p73)


■今の社会では、こうしたマジメな本は
 うけないかもしれませんが、
 だからこそ、こうした本を
 紹介しなくてはならない。


 そう思わせてくれる一冊です。
 本の評価としては、★3つとしました。


この本で私が共感した名言

・「人体の不思議展」を見た時・・・人間はすでに奇蹟のような生命をいただいて生きている。「生きて」いるのではなく、限りない恩の中に「生かされて」いる。理屈なしに、そう直感するしかない世界が、そこにあった。(p41)


・一つの国が滅びるのは戦争によってではない。天変地異でもなければ、経済的破綻によってでもない。国民の道徳心が失われた時、その国は滅びる(トインビー)(p75)


・1あまえ2うぬぼれ3おごり4まんねり5やっかみ・・・経営者はこの五つの心の病気に必ず罹る、とユニ・チャーム創業者の高原慶一郎氏が言っている。(p83)


▼引用は、この本からです。

小さな人生論 3―「致知」の言葉 (3)
藤尾 秀昭
致知出版社
売り上げランキング: 477


【私の評価】★★★☆☆(72点)



著者紹介

 藤尾 秀昭(ふじお ひであき)・・・1978年の創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。1979年に編集長に就任。1992年に致知出版社代表取締役社長に就任。現在代表取締役社長兼編集長。『致知』は「人間学」をテーマに一貫した編集方針を貫いてきた雑誌である。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: