本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「若さに贈る」松下 幸之助

2007/03/26本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

若さに贈る (PHPビジネス新書 松下幸之助ライブラリー)


【私の評価】★★★★☆(89点)


内容と感想

●1966年に松下幸之助が
 書き下ろした一冊です。


 1965年には松下電器が各社にさきがけて
 週休5日を導入し、世界進出を視野に
 事業を拡大している時期ですから、
 松下が最も油がのっていた時期なのでしょう。


●この本で特に目立ったのは、
 松下幸之助の( 成功の定義 )です。


 自分の適性を知り、適性の合った仕事に
 打ち込み、自分を使い切るということが
 成功であると何度も繰り返しています。


 自分に適性がないと判断すれば、
 いくら抜擢されたとしても
 それを断るくらいの自己認識が必要であり、
 それを間違えば自分の失敗であるばかりか、
 社会の損失にもなるという考え方です。


・自分の適性に従って最善に生きる。単なる名利にとらわれず、あなたの、ほんとうの人生を生き抜く──そうして生き抜きえたひとが、つまり人生の成功者だとわたしは信じています。(p104)


●松下幸之助は、常に( 人間 )というものを、
 そして人間が作り上げる( 社会 )というものを
 理解しようとしていました。


 それは、松下が丁稚時代に世の中の厳しさを知り、
 だからこそ、より深く理解しようと
 したのではないでしょうか。


・たとえ紙一枚にしても、その裏にひそむ、そのもののねうちに思いをいたすならば、なかなか平気で捨ててしまうことはできない。・・・それというもの、あの七年間の奉公時代があったからだと思うのです。(p25)


●松下幸之助の考え方には、
 「素直」「信念」「天地自然の法則」などの
 キーワードがありますが、
 その根本には、
 ( 誠実で熱心であることが人を引き付ける )、
 ( 傲慢になれば敵を作る )
 というような
 人と社会の原理・原則を理解したうえで、
 行動することが大切であると考えていたようです。


・ともすれば怠け心が起こるのがこわい、傲慢になりがちなのがこわい。・・・そういう意味のこわさを感じ、おそれをいだき、身を慎む。この態度のない、いわゆるこわいもの知らずは、結局、身を滅ぼすことになります。(p127)


●松下の経営に対する考え方は、『CD 松下幸之助 経営百話』に詳しいですが、
 この本だけでも、その思いが伝わってくると思います。


 松下の人間・経営に対する考え方を
 伝える良書として★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・第一歩は食うためであった・・・第二歩で誠実の必要を知った・・・そして知る──事業は世の中のものだ(p135)


・自分の職場を自慢しなさい・・・はじめから、いかんときめてかかるか、いいところだとまず宣言し、まずい点は、これからの努力で改善できるという気持ちをいだいて臨むか、その二つによって、仕事に対する姿勢に天地のちがいが生じてくると思います。(p111)


・たとえみんなの意見できまったことであっても、自分にはどうしてもできないと思ったら、「わたくしは反対です。・・・わたしは長としてその責任を負えませんから辞職します」というくらいの信念をもつことが、わたしは必要だと思います。(p80)


▼引用は、この本からです。

若さに贈る (PHPビジネス新書 松下幸之助ライブラリー)
松下 幸之助
PHP研究所
売り上げランキング: 342,641


【私の評価】★★★★☆(89点)



著者紹介

 松下 幸之助・・・パナソニック(旧松下電器)グループ創業者。PHP研究所創設者。1894年生まれ。9歳から火鉢店、自転車店に奉公し、大阪電灯(株)勤務。1918年松下電器を創業。1946年PHP研究所を創設。1989年94歳で永眠。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: