「華僑-最強の家業経営」山田修

|

華僑―最強の家業経営

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


●ちょっと古い本ですが、華僑の会社に奥深くまで入り込んだ
 著者の経験は重みがあります。


 もし、中国で仕事をされる方には、
 事前に中国の基礎知識入門書としてお勧めできます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・中国人ビジネスの特徴の一つであり、
 彼等の基準と言えるのは、
 人を信じないということだろう。
 「人を信じない」という真の意味は
 「知っている人しか信じない」
 ということだ。(p21)

<知っている人を増やそうと努力しているのが中国人なのかもしれません>


・「できない」と告げることは何より
 自分の面子が立たないことで、
 これはもっと困ったことだ。
 そこで中国人は何と言うか-。
 「時間がかかる」
 時間がかかる、
 -たぶん永遠に。(p29)

<この感覚はわかりませんが、事前の知識として持っておくと誤解が減るでしょう>


・華僑の人たちとの会食の中でカンペーを
 返さないのも非礼となるが、
 会食の誘い自体を断ることは
 恐ろしく相手の面子を潰すことになる。(p34)

<食事の誘いは、断ってはいけないのですね>


・面子を大切にする中国人にとって、
 人の面前で罵倒されることは最大の侮辱の一つであり、
 それが会社の社員だったりすると、
 それだけで退社してしまうほどのことだ。(p193)

<では、どうやって注意をすればいいのでしょうか。一人別室に呼んで注意する?>


・会社全体の利害得失より、派閥の得失が優先する
 ポリティカル(恣意的)なビジネス風土が、
 華僑の会社の中を支配していることが多い。(p181)

<これは日本の会社にもありそうですが・・・>


華僑―最強の家業経営
山田 修
日本実業出版社
売り上げランキング: 941,382

【私の評価】★★☆☆☆(67点)



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)