本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「知らない日本語 教養が試される341語」谷沢永一

(2004年1月25日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らない日本語―教養が試される341語 (幻冬舎文庫)

【私の評価】★★★☆☆(72点)


●これは、本というよりも
 辞書として買っておきたいですね。


 例えば「いやが上にも」の「いや」は
 「嫌や」ではなく「弥」。
 いやが上にも盛り上がった・・
 というように肯定的に使うという。


■また、「押っ取り刀」は
 ゆっくり行ったように感じますが、
 実際は腰に刀を差す暇もないほど
 急いで、刀を手に取ったまま
 駆けつける意味だという。


 ゆったり構える「おっとり」とは、
 まったく正反対の意味なのだという。
 誤用しそうですね。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・冥加に余る:
 ありがたすぎて罰が当たりそうだ


・押っ取り刀:
 腰に刀を差す暇もないほど急いで、
 刀を手に取ったまま駆けつける


・あまつさえ:
 悪い状況に陥ったとき、
 さらに悪い状況が追い討ちをかけてくる


・臍を噛む:
 「臍(ほぞ)」とは「へそ」のこと。
 不可能なことを後悔する気持ち


・なかんずく:
 (就中)なかでもとりわけ=とくに


知らない日本語―教養が試される341語 (幻冬舎文庫)
谷沢 永一
幻冬舎
売り上げランキング: 416793
おすすめ度の平均: 4.5
5 人間学として言葉をとらえる
4 今はあまり使われていない語が、多々

【私の評価】★★★☆☆(72点)



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: