「世界が称賛する日本の経営」伊勢 雅臣

| このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が称賛する日本の経営

【私の評価】★★★★☆(87点)


■日本式経営とは、イメージとすれば
 新卒採用から終身雇用、
 年功序列という感じでしょうか。


 しかし、この本では、
 国家のために事業をするのだ、
 という経営者の気概に
 焦点を当てています。


 特に明治維新から戦前までは
 日本という国家独立のために
 国を富ます必要があったのでしょう。


・市左衛門は輸出奨励金を受け取らなかった・・
 先生(福沢諭吉)は常に自分
 (森村市左衛門)に向かってこう言われた。
 一国の独立は畢竟(ひっきょう)
 個人の独立にあるのだ。(p110)


■また、欧米での契約に基づく
 冷徹なグローバルビジネスの中で
 生き残ってきた日本企業に
 学ぼうという動きもあります。


 信用を重んじる日本の
 ビジネス慣習は独特なものです。


 多くの日本企業が海外で騙され、
 失敗してきたと思いますが、
 それ以上に成功している企業もある。


 社会のために誠実な企業が
 最後は生き残るのです。


・「浮利(投機的利益)を追わない」
 「国家民族のためになる事業しか手がけない」
 「信用を尊ぶ」といった住友家の
 伝統的な事業精神・・(p143)


■人と物と情報のグローバル化は、
 紆余曲折はあると思いますが、
 今後も進んでいくのでしょう。


 そうした中で、日本という島国の
 誠実、正直といった価値観が
 世界に影響を与えていくと
 うれしいですね。


 伊勢さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・始めの頃は、アラブ人は
 「日本人ほど騙しやすい連中はいない」
 と見てきた。ところが、しばらくすると・・
 「札付き」という噂が立つと
 日本のすべての会社がその人を
 相手にしなくなった。
 長い時間が経ってみると、
 正直なアラブ商人は日本企業相手の
 取引を続けて金持ちになり・・
 (日下公人)(p219)


・韓国では俗に「三代続く店はない」と
 言われており、せいぜい創業80年ほどの
 会社がいくつかあるにすぎない。
 中国でも「世界最大の漢方薬メーカー」
 北京同仁堂が創業350年ほど、あとは
 中国茶、書道用具など百年以上の老舗が
 数件ある程度である(p33)


・何よりも国家のために・・
 「日本に伝染病研究所を設立したい」
 という北里の志に共感した福沢諭吉が
 地所・建物を提供すると、
 (森村)市左衛門は・・
 北里に研究用器具費用として金一千円
 (現在なら一千万円相当)の
 寄付を申し出た(p118)


・自己を犠牲としても、国家将来のため、
 社会人類のために働くという覚悟は、
 事業を成す秘訣であると私は断言する
 (森村市左衛門)(p122)


・佐吉は晩年「これからは自動車工業だ」・・
 数十億円に相当する金額を長男・喜一郎に
 与え、「わしは織機で国のためにつくした。
 お前は自動車をつくれ。自動車をつくって
 国のためにつくせ」と励ましたという(p137)


・事業が成功するか失敗するかは、
 一にも人物、二にも人物、
 その首脳となる人物如何によって決まる。
 満腔の熱心さと誠実を捧げ、
 その事業と共にたおれる覚悟でかかる
 人であれば十分(安田善次郎)(p150)


・人の能力差は、あると言ってもせいぜい五倍。
 しかし意識の差は百倍もある。能力は磨いて
 上げるのは難しいが、意識は磨けば磨くほど
 上げられる(永守重信)(p23)


・商業と道徳とは、油と水のとごく
 相和せぬように思うは誤りである。
 いかに智識が発達し、富が増進しても、
 道徳を欠いては、決して世の中に立って、
 大いに力を伸ばすことはできない
 (渋沢栄一)(p163)


・よく調べずに買ったのは客の自己責任である・・
 『タルムード』の模範解答は
 「返金する必要なし」である・・
 ただし、これは客がキリスト教徒の場合であって、
 「相手がユダヤ人なら返金してあげなさい」とある・・
 同じユダヤ人同士なら「正直・信頼・助け合い」の
 「共同体原理」を教えている。一種の
 ダブル・スタンダード(二重基準)である(p222)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


世界が称賛する日本の経営
伊勢 雅臣
扶桑社 (2017-02-28)
売り上げランキング: 25,271

【私の評価】★★★★☆(87点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1章 現代を生き抜く日本的経営
第2章 世界に挑んだ日本的経営
第3章 国を興した日本的経営
第4章 日本的経営の源流



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)