本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「世界が称賛する日本人が知らない日本2「和の国」という"根っこ"」伊勢 雅臣

(2019年10月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が称賛する日本人が知らない日本2―「和の国」という


【私の評価】★★★★☆(87点)


内容と感想

■皆さんお馴染みのメルマガ
 「国際派日本人養成講座
 の伊勢さんの一冊です。
 今回は、日本の「根っこ」についてです。


 日本人は昔から楽しそうであった。
 日本人は昔から清潔であった。
 日本には昔から民の幸せを祈る
 天皇という存在があった。


 日本の先人がどうした歴史を
 つむいできたのか知れば、日本が
 「和の国」であるとわかるという。


・大学時代から専門の勉強とは別に「国民文化研究会」(現在は公益社団法人)で歴史や文化を学び、アメリカが「自由の国」なら、我が国は「和の国」という「根っこ」があると感じていた(p22)


■さらに、今の日本を見れば
 日本の「和の国」という
 根っこは確信に変わります。


 財布を落としても、帰ってくる。
 戦後、経済復興を果たした。
 砂漠化せず自然が残っている。
 他国の植民地になっていない。


 貧富の差の拡大を批判する人も
 いますが、他国に比べれば
 和の心で弱者に配慮しているのが
 日本なのだということです。


・「お金を拾ったら警察に届ける」と言う日本人が、スペイン人、アラブ人、ロシア人などから「ナイーブすぎる」「バカだ」「どうして警察が信用できる?」と集中砲火を浴びせられる。これが現代社会の縮図であろう(p197)


■そんな日本を取り巻く諸国民は、
 そんなに和の心を持っていません。
 正反対であると言えるでしょう


 それでも日本は「和の国」という
 根っこを大切に維持しながら
 外交をしていくべきというのが
 著者の主張です。


 何度騙されても日本は独立を維持し、
 「和の国」であり続けるのです。


 伊勢さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・幕末から明治初期にかけて、日本を訪れた外国人がほとんど異口同音に語っているのは、日本人がいかにも幸福そうであったという点である(p29)


・イザベラ・バードは米沢を見て「エデンの園」と形容したが・・本家は神が創造してアダムとイブに与えたもので、彼ら自身は何の智恵も努力も発揮していない。一方、「和の国」は我々の先祖が長い間の智恵と努力で自ら築き上げたものである(p66)


・一般に、農耕・牧畜は狩猟・採取よりは進んだ文明段階であると考えられているが、メソポタミア、エジプト、インダス、中国の黄河流域がみな砂漠化していることを考えれば、農耕・牧畜が自然破壊を伴っていることがよくわかる・・・それに比べれば、縄文人たちは一万年以上もこの日本列島で暮らし、しかも豊かな自然を残してくれたのである(p71)


・フランクルのフレームワークを使えば、一国民の「根っこ」とは、その国の先人の示した態度価値への共感だと筆者は考える・・「父は社員思いで、事業が苦しい時でも決して首切りなどせず、それで社員も頑張って、事業を発展させてくれた」(p20)


・「近世ヨーロッパの最大の輸出品は暴力であった」(ジェフリー・パーカー)・・まずヨーロッパ人は、南北アメリカ大陸にせよ、アフリカ大陸にせよ、自分たちが「発見」した土地も原住民も、すべて自分の所有である、という極めて自己中心的な原則を適用した(p54)


・かつての中央アメリカの人口は7千万人から9千万人と推定されているが、スペイン人の侵入後、わずか一世紀の間に、350万人に激減している(p57)


・フランクルはこう語る・・・よろこびはおのずと湧くものなのです。帰結が出てくるように、おのずと湧くのです。しあわせは、けっして目標ではないし・・それは結果にすぎないのです(p183)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


世界が称賛する日本人が知らない日本2―「和の国」という
伊勢 雅臣
扶桑社 (2019-10-09)
売り上げランキング: 77


【私の評価】★★★★☆(87点)


[楽天ブックスで購入する]


目次

はじめに 「令和」は「神意に適った和」
序章 国民の「根っこ」とは何か?
第1章 「和の国」の幸せ
第2章 「和の国」の誕生
第3章 「和の国」の理想
第4章 「和の国」を結ぶ皇室の祈り
おわりに 「根っこ」の回復を祈りつつ



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: