本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」」本山 勝寛

(2017年9月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」


【私の評価】★★★★☆(80点)


内容と感想

■独学で東大合格、英語がダメでも
 ハーバード大留学した
 本山さんの一冊です。


 独学1.0とは試験用。
 独学2.0とは教養用。
 独学3.0とは人生成功用です。


 いかにドキドキを計画し、
 いかにワクワク実行するのか、
 ということでしょう。


・私は、独学とは「ドキドキワクワクを極める学び」だと思ています(p22)


■継続するためには、
 習慣、ルーティーンが大切です。


 イチローのように毎日、
 インプット(訓練、学習)、
 アウトプット(試験、試合)を
 行うのです。


 習慣化されたルーティーンは、
 自分を自動操縦してくれる
 ようになるのです。


・毎日、毎週、同じ時間に同じように勉強することで、それを習慣化することです・・たとえば、食事前には必ず1時間勉強すると決めます(p61)


■独学でやれる人は、
 独学でも良いのだと思いました。


 どうしても勉強できなければ、
 塾に行けばよいのです。


 本山さん
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「人生50年計画」を立てる・・「人生50年計画」といえば、ソフトバンク創業者の孫正義さんが有名です(p173)


・夢や目標に向かってがんばりたいと願う自らのモチベーションを高め続けられるか・・一つお薦めしたいのは、毎日瞑想を行うことです(p104)


・1年後の目標達成のために、何を、どのくらい、どのように実践すればよいかを、すべてもれなく洗い出します・・たとえば、210ページある問題集Aを3周解いて・・(p57)


・徐々に無理なく独学時間を増やす・・まずは簡単すぎず難しすぎないちょうどのもので、さらに自分が好きな数学などから始めました。そして、一日の勉強時間を計りながら、勉強時間を増やしていくこと自体を目標にしたのです(p72)


・休憩にもルーティーンをつくっておかないと、だらだらと休んでしまい、次の集中に入れなくなってしまいます。休憩の仕方も、たとえば、コーヒーを一杯だけ飲む、チョコレートを・・(p77)


・日々の学びはブログに記して、インプット→アウトプット・・ブログの記事に書くことで、自分とは無関係だと思っていたものを、より「自分事化」する機会となります(p137)


・3ヶ月でその分野のセミプロになれる「10冊まとめ読み独学法」(p127)


・インターネットには、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)など世界のトップレベルの大学の授業がたくさん無料で公開されています(p19)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

最強の独学術 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」
本山 勝寛
大和書房
売り上げランキング: 1,728


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第0章 独学が最強である理由
第1章 <独学1.0>どんな試験も必ず突破する独学術
第2章 <独学2.0>教養を楽しく深めて自分の幅を広げる独学術
第3章 <独学3.0>一生学び続ける秘訣をつかみ夢を叶える独学術



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: