「やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人」ケント・ギルバート

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

【私の評価】★★★☆☆(83点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■テレビでおなじみの
 ケント・ギルバートさんの一冊です。


 共産党活動が連邦法で禁止されている
 アメリカの弁護士としては、
 日本で反日活動家がどうどうと
 活動していることに違和感があるらしい。


 特に、共産党、社民党、
 日教組、日弁連、
 朝日新聞、TBSの活動に
 警告を発しています。


 TBSの番組では、
 思い切り偏向編集をされたと
 怒りを表現しています。


・見事に偏向した編集手腕を見せた『NEWS23』・・
 三十分以上もインタビューを受けましたが、
 実際に番組に使われたのは一分前後で、
 しかも最後の最後の、ほとんど余談とも
 言える部分だけが編集され、私の「笑い」が、
 あたかも安保法案反対派を冷笑し、
 馬鹿にしているようにイメージ操作され・・
 さすがTBS、見事な編集ぶり!」と
 久しぶりに感服しました(p105)


■弁護士としては、在日団体や共産活動家と
 連携した日弁連の反日活動に
 警鐘を鳴らしています。


 慰安婦という言葉を発明したのは、
 朝日新聞ですが、
 性奴隷という言葉を発明したのは、
 日弁連の戸塚悦郎弁護士であると指摘。


 マスコミや日教組、日弁連などの団体に
 共産党工作員が多数入り、
 組織を乗っ取って
 世界中で反日活動を行っているとのこと。


・2014年7月、スイス・ジュネーブにある国連
 欧州本部において、表現の自由や、拷問、
 残虐な刑罰の禁止などを規定した自由権規約の
 締結国である日本政府が、規定内容をどのように
 保障しているかを審査する会合が開かれたのですが、
 そこでも日弁連のメンバーが暗躍。
 朝鮮風のチマチョゴリを来た在日朝鮮人などを交え、
 「日本政府は朝鮮学校を無償化せよ」という
 運動を行いました(p71)


■新聞、テレビでは分からないことが
 多く記載されていました。


 情報を得る新聞、テレビが
 このような状況では、
 なんともなりません。


 より広い情報を集めていくことが
 大事だと思いました。


 ギルバートさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・公立学校の教育公務員は「政党その他の政治的団体」の
 役員や構成員等になることが禁止されています。
 さて、それでは日教組のウェブサイトに書かれていた、
 彼らの最近の活動内容を見てみましょう。・・・
 『安倍政権の暴走を許さず、安保関連法案の廃案を目指す
 8・17の週の統一行動報告#3 2015年9月8日』・・
 日教組は「政治的団体」そのものだと思います(p40)


・日弁連は弁護士団体というよりも、
 もはや政治団体・・その潤沢な資金を利用して、
 日弁連は世界中で様々な反日工作を
 行ってきました・・歴代の会長の多くが
 共産党系でもある日弁連は、
 国連に反日左翼NGOを送り込み、
 今も非常に熱心に日本を貶めるような
 「仕事」をやっているわけです(p71)


・反日的な「陰謀」ばかりを計画し実行してきた
 日弁連は、PRC(中国)に対しては極めて
 融和的です。たとえば、2015年7月、PRC(中国)
 国内で人権派弁護士が200人以上も拘束されたにも
 かかわらず、日弁連はこれに対して長らく
 抗議の一つ上げませんでした(p78)


・日弁連の反日活動家に、高木健一弁護士がいます。
 彼は、弁護士時代の福島瑞穂参議院議員と一緒になって、
 韓国での慰安婦補償要求運動を最初に行った一人(p76)


・インドネシアにおいても、高木弁護士は
 住民たちの貧困に付け込んで、
 「日本政府を訴えたら200万円もらえる」
 と触れてまわり、火のないところに煙を立てて、
 当時二万人しか日本兵がいなかった地域で、
 それ以上の数の「自称・元慰安婦」を集め、
 日本政府から金を毟り取ろうとしたのです。
 この活動には、当然ながら反日左翼マスコミも
 協力し、1996年には名古屋の中京テレビ
 (日本テレビ系列)が、NNNドキュメント
 「IANFU(慰安婦)インドネシアの場合には』
 を制作しました・・(p77)


・社民党もまた、外国勢力と結託して反日活動を
 行ってきた政党です。元慰安婦と自称する人々に
 「証言内容をいちいち指南する」という工作
 のみならず、前述の反日弁護士パートナーと
 一緒になって慰安婦問題を何十年にもわたって
 世界中に拡散した影の仕掛け人・・
 福島瑞穂氏など、「本当に日本人なのか」と
 疑いたくなるような活動ばかり行ってきました(p83)


・この国連会場には、かつて慰安婦を初めて
 「性奴隷」として国連の場で定義した
 「クマラスワミ報告」の背後で暗躍し、
 何の証拠や根拠もなく、単なる「カン」で、
 「日本軍の慰安婦は性奴隷(Sex Sleve)だった」
 と言いはじめた戸塚悦郎弁護士や、
 社民党の福島瑞穂参議院議員の事実婚のパートナーで、
 過去には、逮捕された中核派の活動家の弁護活動を
 福島氏とともに行ってきた海渡雄一弁護士
 (グリーンピース・ジャパン元代表理事)ら、
 錚々たるメンバーが参加していました(p72)


・かつての党首であった土井たか子などは、
 北朝鮮の秘密工作員で、原敕晁さんを北朝鮮に
 拉致した辛光洙の釈放署名運動を行い
 (菅直人元首相や千葉景子元法相も参加)、
 PRC(中国)を訪れては南京大虐殺記念館の
 イベントに参列して、被害者と自称する
 怪しい人々に対して謝罪までしています(p83)


・渡邉氏は読売グループどころか、
 日本の新聞界に隠然たる影響力を持っている
 「ドン」だと言う人もいますが、
 もともとは共産党員であり、思想的には
 反陸軍、反靖国・・もし靖国神社に参拝する
 首相がいた場合には、「私は発行部数
 千数百万部の『読売新聞』の力で、それを倒す」
 という驚愕すべき宣言までしている(p92)


・『NEWS23』では、「法案反対派」の立場からの
 報道時間が93%を占めていました。それでも
 自分たちは「政治的に公平であること」を
 遵守していると強弁する、TBS経営陣の
 面の皮の厚さは、もはや尊敬にすら値します(p108)


・「ベトナムでは、日本人男性が現地女性を
 レイプできるように通りで女性を引き連れて
 客引きをさせている」とか・・毎日新聞の
 悪辣で低俗な英語記事を書いていたのは、
 ライアン・コネルというオーストラリア人
 記者でしたが・・コネルとともに日本人女性を
 「異常な変態性格の持ち主」と表現して、
 日本の英字紙「ジャパンタイムズ」に載せて
 いたのは、マーク・シュライバーという
 アメリカ人です。この二人は、これらの
 記事をベースにして『タブロイド・トーキョー』
 という書籍まで出版していました。
 私に言わせれば、「反日工作白人」とでも
 呼びたい人々です(p117)


・韓国やPRC(中国)は、国家予算や
 たくさんの人員を割いて、嘘で日本を貶める
 「歴史戦」を世界各地で大々的に仕掛けている・・
 たとえば欧州主要都市の公園などに、
 「南京大虐殺」の解説パネルを設置するような、
 プロパガンダ戦略を行っているのです(p151)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人
ケント・ギルバート
PHP研究所
売り上げランキング: 16,189

【私の評価】★★★☆☆(83点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 GHQに代わって戦後日本を貶めてきた勢力
第2章 日本には反日メディアが多すぎる
第3章 日本はもう韓国に対して余計な気を遣う必要はない
第4章 中国による「人民大虐殺史」を世界記憶遺産に推薦しよう
第5章 混沌とする国際情勢に対して、日本が持つべき心構え


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む