「世界が称賛する日本人が知らない日本」伊勢 雅臣

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が称賛する 日本人が知らない日本

【私の評価】★★★★★(91点)


■私の愛読メルマガ
 「Japan on the Globe-国際派日本人養成講座
 が書籍になりました。


 伊勢 雅臣さんは、海外子会社の社長を
 歴任しています。


 海外で仕事をして気づいたのは、
 日本を語るためには、
 日本を知らなくてはならない
 ということです。


 そして日本という国は、
 特異でかつ素晴らしい
 歴史と文化を持っているのです。


・「フィンランドと日本は隣国だ。
 なぜなら間には一国しかない」・・
 ロシアという膨張主義に大国から、
 いかに国家の独立を守るか、ということが、
 両国の近代史における
 最大の政治的課題だった(p166)


■日本の常識は、世界の非常識。


 日本では地震があれば、
 皆で協力する。
 海外で起きるのは暴動です。


 国家の一大事になれば、
 一体となって行動することが、
 世界から見れば驚きなのです。


 これが明治維新を可能とし、
 富国強兵の元に日本を強くし、
 外国の侵略から日本を守ったのでしょう。


・嘉永六(1853)年にアメリカの黒船に
 脅かされて開国した極東の一島国が、
 わずか八十年ほどの間に近代経済を発展させ、
 大英帝国に匹敵するような豊かな国民生活を
 実現したことは、まさに奇跡としか
 言いようのない出来事だった(p150)


■国際社会は弱肉強食であり、
 武力による戦いから、
 経済による戦いが行われています。


 憲法全文にあるような"信頼できる
 平和を愛する諸国民"など
 ほとんど存在しません。


 そうした中で、
 日本の歴史・文化をはっきりと伝え、
 堂々と行動するのが
 国際派日本人なのでしょう。


 伊勢さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私を支えてくれたのは・・
 我が国の歴史伝統とそれを築き、
 発展させてきた我が先人たちの生き様でした。
 我が国には世界で称賛されている
 文化と歴史があります
(p4)


国柄は非常の時に現れる・・・
 東日本大震災の時に、
 世界の人々は日本の被災者が救援物資を
 貰うにもきちんと順番を守っている
 光景に驚かされました(p64)


・自国語で大学教育までできる国は珍しい(p35)


・経済産業省の内部資料によると、
 日本には世界シェア・トップの
 中小企業が百社以上あるという(p73)


・日本の森林率68.5%は現代世界の奇跡・・・
 日本列島は世界の陸地面積の0.2%しかありませんが、
 そこに世界の人口の約1.2%が住み、世界のGDP
 (国民総生産)の5.5%を生み出しています(p26)


・神道的な世界観が結実したのが伊勢の神宮です。
 二十年ごとにすべての建物も装飾品も作り替える
 という独特な方法で、古代の簡素、清浄な姿を
 今に伝えてきました(p138)


朝鮮は日本統治時代に人口が三倍にもなる
 経済躍進を遂げた。台湾にも東洋一のダムや
 港湾が作られ、世界有数の製糖産業が育った(p172)


・昭和天皇は病床で「もう、だめか」
 と言われた。医師たちは、ご自分の命の
 ことかと思ったが、実は「沖縄訪問は
 もうだめか」と問われたのである。
 御巡業の最後の地、沖縄に寄せられた
 昭和天皇の御心は、今上陛下によって
 平成五年に果たされた(p222)


世界が称賛する 日本人が知らない日本
伊勢 雅臣
扶桑社 (2016-05-29)
売り上げランキング: 300

【私の評価】★★★★★(91点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 あなたは自分の言葉で日本を語れますか?
第2章 クール・ジャパン――日本の何が凄いのかを知ろう
第3章 日本らしさとは何か――自分の中の"見えなかった根っこ"を見出そう
第4章 世界史の中の日本――歴史の荒波を乗り越えた先人の知力と胆力に学ぼう
第5章 THE GLOBE NOW――現代国際社会をどう生きればいいのか




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む