「驕れる中国 悪夢の履歴書」黄 文雄

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

驕れる中国 悪夢の履歴書

【私の評価】★★★★★(93点)


■2005年、中国が小泉総理の靖国神社参を
 執拗に攻撃していた頃の一冊です。


 当時から中国の態度は同じですが、
 最近は、自作デモによる日本法人の焼き討ち、
 日本への旅行禁止や日本製品ボイコットと
 実力行使や経済制裁を行っています。


 中国では、敵を殲滅しなければ、
 いつか反撃される
という文化があるようですが、
 ついにそのような状況になってきたようです。


・日本人にもっとも足りないのは、
 魯迅のいう「水に落ちた犬を叩く」
 (打落水狗)精神であろう・・・
 相手が再起不能にいたるまで徹底的に殲滅しなければ、
 いつか盛り返されて逆襲される
と考える(p270)


■台湾生まれの著者が伝えたいことは、
 日本人には中国人の異質さは
 理解できないであろうということです。


 (日本人が異質なのかもしれませんが)


 世の中全体が詐欺だらけ
 ニセモノだらけ。
 賄賂がないと動かない。


 こんな社会で生き延びるために、
 中国人は歴史の中で学び戦い続けてきたのです。


 オレオレ詐欺で騙されるような
 甘い中国人はいないのでしょう。


・中国の一般家庭で子供にいちばん大事なこととして教えるのは、
 「人に騙されるな」「偽者を買ってくるな」
 ということである(p78)


■著者が教える中国人との付き合い方は、
 弱みを見せないこと


 あえて言えば、徹底的に弾圧する。
 力を見せつけるということです。


 そうすれば中国はおとなしくなる。


 逆に言えば、
 弱みを見せれば、
 中国は増長する。


 力を見せ付けなければ、
 いつまでも付け込まれるのです。


・満蒙八旗軍が万里長城内に入り、北京に
 近づいただけで北京の城民は一変して「大清順民」となり、
 わざわざ城外で出迎えた・・・再起不能、
 反抗できないほど弾圧すれば、おとなしく奴隷になる
(p171)


■仕事ではあまりお付き合いのない国でしたが、
 国家として付き合わなくてはならない国。


 あまり中国とは戦いたくありませんので、
 戦わずして勝つことができるのか。


 核を米国から借りるとか、
 なんらかの知恵が必要なのかもしれませんね。


 黄さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本人には到底できない芸当だが、
 中国人は「白を黒と平気でいえる神経」
 をもっている
。(p248)


・中国人の一般的な世間常識として、
 「都是騙人的」(すべて人は騙すもの)
 ということわざがある・・・
 中国人は「すべてが」ペテンである
 すべてがごまかしだと言い切れてしまう(p243)


・中国では、人間には「賄賂をもらえる階級」と
 「賄賂をもらえない階級」がある。そして、
 賄賂をもらえない人間は尊敬されない(p137)


・「三千職工、三千賊」という言葉がある。
 職工が3000人いれば、3000人全員が悪事を働く、
 という意味だ。・・・現地採用の幹部が
 会社の製品や部品をかっぱらい、横流しをする。
 現場の組長が私服を肥やすのはごく当たり前のことだ(p153)


・今でも中国でもっとも流行っている言葉に、
 「良心のある人間は社会から孤立する
  (あるいは孤立させられる)」というものがある。
 真面目な人間はやっていけないのである(p92)


・中国は十三億のジコチュウ人間が形成する
 ブラックホールのようなものだ。
 日本人がうかつに足を踏み入れれば、
 恭順しようが反発しようが、
 どうにも抜けられなくなってしまう(p206)


・中国人は劣勢に立たされると、
 いくら屈辱的な条件でも呑む場合が多い。
 たとえばアヘン戦争での敗北以後に
 中国が結んだ対外条約・・(p191)


驕れる中国 悪夢の履歴書
黄 文雄
福昌堂
売り上げランキング: 421999

【私の評価】★★★★★(93点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む