「「つらいな」と思ったとき読む本」中谷 彰宏

| このエントリーをはてなブックマークに追加

「つらいな」と思ったとき読む本

【私の評価】★★★★☆(84点)


■震災の中、義母が読んでいた本。


 人は、つらいことがあったとき、
 本で救われることがある。


 ただ、この本は、
 基本的に働くビジネスマンが
 「つらいな」と思ったときに
 アドバイスするものとなっています。


・チャンスの前には、
 必ずつらいことが起こるのです(p6)


■やはり、現在の状況は、
 自分が引き寄せているというところが
 あるものです。


 長期を図って、
 今、行動する。


 その行動が、
 今の状況を打開して
 くれる一歩となるのです。


・立ち直れる人は、
 「短くとも10年後はこうしたい」 
 という発想です(p81)


■「つらいな」という状況は
 だれにでもあるのだと思います。


 あとは、それを
 「つらいな」と感じるか、
 「また成長できる、ありがたい」と感じるか、
 人の心の問題なのだと思います。


 中谷さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・努力をして初めて叱ってもらえる(p177)


・「本を100冊読んできてください」という課題に、
 「えっ、100冊も読まなくちゃいけないんですか」
 と言う人もいれば、
 「100冊でいいんですか」と言う人もいます(p53)


・わずかな違いが、圧倒的な違いになる。
 ・・・「あと1%だけ」やってみよう(p141)


・仕事を変えるより、
 生き方を変えよう(p43)


・掃除ができないなら、
 掃除ができなくても許されるぐらい
 仕事をする。(p77)


・一生懸命、本気で働く中で、
 自分のいいところが見つかります(p80)


・プロというのは、
 恋愛に置きかえると、
 「本気」ということです(p45)


・「ただの○○」にこだわるから、
 仕事・習いごとが
 面白くなっていくのです(p64)


・板垣退助は、自由民権運動をしている時に
 抵抗勢力から刺されます・・・
 その若造の医者は、板垣退助に
 「自分の好きなことをやっていて刺されたのだから、
  ご本望でしょう」と言いました(p104)


「つらいな」と思ったとき読む本
中谷 彰宏
あさ出版
売り上げランキング: 27904

【私の評価】★★★★☆(84点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)