「ビジネスマンのための「読書力」養成講座」小宮 一慶

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

【私の評価】★★★★☆(87点)


■この本は、速読の本ではなく、
 目的により読み方を変えていこう
 という一冊です。


 熟読する価値のある本は熟読する。


 仕事で一日五冊読む必要があれば、
 早く読むということです。


■著者は米国でMBAを取るために、
 英語の本を多量に読む必要があり、
 速読の能力を獲得したそうです。


 速読のコツは、
 目次やはじめに・あとがき、冒頭部分などを
 中心に読んでいく。


 あとはキーワードで必要な部分をピックアップして、
 拾い読みしていくとのことでした。


■こうした読む技術というよりも、
 著者がお勧めしている本の多くが適切であり、
 参考になりました。


 ビジネスマンなら読書がしたくなってくる
 一冊だと思いますので、
 本の評価としては★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・講演では、若い人には、一日十ページでいいから読みなさい
   という話をします・・・
   十年二十年もするとものすごい差になります。(p211)


  ・読書力を高めるうえでの最後のヒントは、
   書くことです。・・・
   レポートでも日記でもかまいません。
   読者のみなさんにも、ぜひ、
   書く習慣を持っていただくことをお勧めします(p223)


  ・ふさわしい本を一冊読み込めば、
   おおよそ三十時間で、だいたいのことが
   ある一定レベル(専門家レベル)に達します(p172)


▼引用は、この本からです。 

ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
小宮 一慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 23425
おすすめ度の平均: 4.0
5 常に読み方の異なる本を2冊持ち歩くようになりました
5 速読だけが読書術ではない
3 思考力を高めるための読書の大切さ
4 まじめな人です。
2 自慢気な文章

【私の評価】★★★★☆(87点)




■目次

速読
通読レベル1
通読レベル2
熟読
重読
読書力を高める八つのポイント
本書で紹介した小宮流読書法別ビジネスマンのための必読書60


■著者紹介・・・小宮 一慶(こみや かずよし)

 小宮コンサルタンツ代表。
 81年、東京銀行入行。
 84年、ダートマス大学留学MBA。
 岡本アソシエイツ取締役
 94年、日本福祉サービス(現セントケア)企画部長。
 96年、小宮コサルタンツ設立。
 著書多数。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む