「サラリーマン・サバイバル」大前 研一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマン・サバイバル (小学館文庫)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■「マッキンゼー」時代の大前研一氏の仕事術が
 非常に参考になる一冊です。


■大前研一氏は、「企業参謀」という書籍でデビューしましたが、
 これは、マッキンゼーのコンサルティングにおける手法を
 まとめたノートを出版したものでした。


 原子力技術者から経営コンサルタントとなり、
 右も左も分からない状況から、夜や土日に、
 マッキンゼーの過去の仕事を読んでノートにまとめていたのです。


 これは、普通の企業においても、
 異動したらその職場にある書類を読みまくることで、
 より早くその職場に適応することができる、
 という応用がききそうです。


■また、大前さんの上司としてのスタンスは、
 自分がその仕事をやる覚悟をもったうえで、
 とりあえず部下にやってもらうという考え方です。


 つまり、自分がやることを
 あえて部下にやってもらうということです。
 こうした考え方ならば、部下の能力が低くても、
 「部下を叱責する」気持ちにはならないでしょう。


 よく「こいつは使えない」などと部下を批判する人がいますが、
 そうした人は上司失格であると、バッサリです。


  ・私には100の成果を出す責任がある。その一方では、
   上司として部下の力を伸ばす責任もあるので、とりあえず
   部下に仕事を任せる。・・・部下が97をやってくれれば、
   私は3しかやらなくてすむ。逆に部下が3しかできない場合、
   私はあとの97をやらなければいけなくなるわけだ。(p111)


■大前さんの仕事の考え方と、
 世の中の見方が参考となる一冊でした。


 一人ひとりの実力が求められるビジネスマンにお薦めの一冊だと
 思いますので、★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・私は『マッキンゼー』で社員を何千人も見てきたが、
   不思議なことに、成功する人間としない人間には唯一、
   明らかな違いがある。それは、成功する人はどんな仕事でも
   厭わずにやるが、成功しない人は仕事を選ぶということだ。(p92)


  ・『マッキンゼー』の膨大な経験がマイクロフィッシュ(多数の
   コマを並べて撮影した約10センチ四方のマイクロフィルム)で
   東京事務所のライブラリーに置いてあった。就業時間が終わってから
   夜遅くまでマイクロフィッシュを読んだ。土曜・日曜も・・(p82)


▼引用は、この本からです。

サラリーマン・サバイバル (小学館文庫)
大前 研一
小学館
売り上げランキング: 170890
おすすめ度の平均: 4.5
5 部下の使い方が参考になった。
5 常に自分の頭で論理的に考える知的ホワイトカラーを目指せ
4 世界的な格差拡大時代のサバイバル指南書
5 気付きを与えてくれる書
4 会社人として今後の生き方に変化が・・

【私の評価】★★★☆☆(79点)

■著者紹介・・・大前 研一(おおまえ けんいち)

 1943年生まれ。日立製作所入社。
 マサチューセッツ工科大学にて博士号。
 マッキンゼー・アンド・カンパニーで
 太平洋地区会長、本社ディレクターなど要職を務める。
 経営コンサルタント。

─────────────────

■関連書評■
a. 「日本の真実」大前 研一
【私の評価】★★★★☆

b. 「考える技術」大前研一
【私の評価】★★★☆☆


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)