「国家情報戦略」佐藤 優、コウ・ヨンチョル

| このエントリーをはてなブックマークに追加

国家情報戦略 (講談社+α新書)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■日本、韓国で、国家によって粛清された
 インテリジェンスに深くかかわった
 お二人の対談です。


 情報機関、インテリジェンスの世界について、
 出せる範囲で語っているのでしょうが、
 それでも興味深い対談でした。


  ・NSAはいま、国際ビジネス、
   イスラムのテロリスト・グループ、
   国際的な麻薬取引、核拡散関連の情報こそを、
   優先順位の上位に置いています。(高)(p94)


■諜報機関は、国家間の活動ですので、
 テレビや新聞にはあまり出てきません。


 出てくるとしても情報操作の一環で
 あったりするわけですから、
 こうしたお二人の話は、ニュースの裏を考えるのに
 参考となるのでしょう。


  ・アメリカの情報機関は、アンゴロサクソン五カ国を
   形成するイギリス、オーストラリア、カナダ、
   ニュージーランド以外は、同盟関係にあっても
   完全な友邦だとは考えません。(高)(p97)


■最終的な対談の結論は、
 日本もCIAのような情報機関を作るべきである
 ということです。


 国家の存続と安全を守るために、
 情報機関は最低限必要なのでしょう。


  ・将来、「核の帝国主義時代」が訪れる前の段階で、
   日本が取るべき国家戦略とは何でしょうか。
   それは佐藤優氏が唱えておられるように、
   本格的なインテリジェンス機関を
   設立することなのです。(高)(p202)


■情報機関に関係する人には、
 常識的内容なのでしょうが、
 普通の人には興味深く読めると思います。


 スパイの世界をちょっとだけ
 覗ける一冊ということで、★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・不思議に思うのは、日本の大学に安全保障や国防、
   セキュリティ、エネルギー資源関連の
   学部・学科がないことです。(高)(p125)


  ・フィリピンのルバング島から生還した元陸軍少尉、
   小野田寛郎さんも陸軍中野学校出身です・・・
   分校の出身なんですね・・・そこでは
   ゲリラ戦やテロ、破壊工作を専門に
   教育していた(佐藤)(p117)


  ・国際社会においては「国家元首は嘘をつかない」
   という原則があって、国家元首が嘘をつくと、
   外交ゲームがものすごく面倒くさいことになる・・・
  しかし、北朝鮮はこのルールを守らない。(佐藤)(p156)


▼引用は、この本からです。

国家情報戦略 (講談社+α新書)
佐藤 優 コウ・ヨンチョル
講談社
売り上げランキング: 25487
おすすめ度の平均: 4.0
5 世界の情勢を知れ
4 国際面の読み方が変わる
5 「薄味」
5 インテリジェンスの面白さと恐ろしさ
4 インテリジェンスとはこういうことなのか

【私の評価】★★★☆☆(79点)



■著者紹介・・・佐藤 優(さとう まさる)

 1960年生まれ。1985年同志社大学大学院神学研究科修了。
 外務省入省。在イギリス日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に
 勤務した後、1995年より外務省国際情報局分析第1課勤務。
 2002年に背任容疑、偽計業務妨害で逮捕される。


■著者紹介・・・コウ・ヨンチョル

 1953年生まれ。元韓国海軍少佐。
 海軍士官学校、海軍大学、韓国朝鮮大学を卒業。
 艦艇高速艇隊長、海軍航空団人事課長、済州道地域司令部情報参謀、
 海軍士官学校教官等を歴任。1989年から国防省海外情報部日本担当官、
 北朝鮮担当官を務める。1993年金泳三政権の軍部粛清により、
 全斗煥、盧泰愚の元大統領らとともに禁固刑に処され除隊。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
にほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)