「デッドライン仕事術」吉越 浩一郎

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)

【私の評価】★★★★★(90点)


■女性のランジェリー、天使のブラ・・・といえば、
 トリンプです。


 このトリンプを社長として19年連続増収・増益に導いたのが、
 著者の吉越 浩一郎さんです。


■成果が出ているのですから、
 そこには理由があるはずです。


 その秘密こそ、「デッドライン仕事術」です。


 つまり、仕事の締切日を決めるということです。


 ・すべての仕事に「○月○日」という締切日を入れる・・・
  すべての仕事は「何を、誰が、いつまでに」を明確にする(p58)


■さらに、仕事に期限を決めるだけでなく、
 残業をしないという方針が加わります。


 なんと、定時を過ぎると会社の電気が消えていくというのです。


 でも、そのように会社から強制されると、
 その時間の中で頑張って、
それなりの結果を出すのが人間のようです。


 ・「仕事量が多いから残業せざるを得ない」のではなく、
  「残業すればいい」「休日出勤すればなんとかなる」と思っているから、
  就業時間内に仕事が終わらないのだと思う。(p4)


■このメルマガも、一日一冊という締め切りがあるからこそ、
 一日一冊読んでメルマガを発行できているのでしょう。


 「デッドライン仕事術」は本質を突いた仕事術であり、
 わかっているけれども、それがなかなかできないんだよな~、
 という内容の一冊ということで、★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・残業さえなくなれば、
  仕事を続ける女性の数は何倍にも増えるだろう。(p22)


 ・「この店は、やるの?やらないの?」
  「うーん、ちょっと迷っているんです」
  「だったら、やっちまえ!」・・・
  直営店が成功するかどうかは、
  やってみなければわからないことだ。(p93)


 ・人間は怠け者なので、
  自分を追い詰めて早く目標を達成しようとするなら、
  やっぱり有言実行が一番だ。(p138)


 ・デッドラインを決めたということは、「それまでに終わらせろ」
  と指示しただけでなく、「それまではおまえに任せた」と
  告げているのと同じことだ。(p169)


▼引用は、この本からです。

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)
吉越 浩一郎
祥伝社
売り上げランキング: 1216
おすすめ度の平均: 4.0
5 シンプルを積み重ね、複雑なものを噛み砕く
1 おすすめしません。
5 一抹の不安
5 デキる社員とは
4 個々人のスキルアップと、社会の意識変革

【私の評価】★★★★★(90点)

■著者紹介・・・吉越 浩一郎(よしこし こういちろう)

 1947年生まれ。極東ドイツ農産物振興会、
 メリタジャパン、メリタカフェを経て、
 83年にトリンプ・インターナショナル(香港)入社。
 87年にトリンプ・インタナショナル・ジャパンの副社長。
 92年に代表取締役社長に就任。
 トリンプを19年連続増収・増益に導き、2006年退任。
 現在は、経営コンサルティングを行っている。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む