本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「我慢するな!部下は堂々と叱れ!」古川 裕倫

2008/04/03本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

我慢するな 部下は堂々と叱れ


【私の評価】★★★☆☆(73点)


内容と感想

■「親の心、子知らず」といいますが、
 「上司の心、部下しらず」というのも
 本当でしょう。


 この本を読むと、
 上司の気持ちがわかります。


・自立させるために、今教える、わからせる。自立させるために、厳しく言う、躾ける・・・子供に対してもそれを伝えることです(p20)


■仕事をしっかりすすめたい。
 部下を育てたい。
 これは上司の共通した思いでしょう。


 そのために、仕事の基本を実践しながら、
 部下にも指導していく。
 できなければ、できるまで言う。
 上司もたいへんですね。


■三井物産で成果を出してきた
 著者の考え方がよくわかって、
 サラリーマンならこれくらいに
 なりたいなと思いました。


 本の評価は★3つとします。


この本で私が共感した名言

・同じ仕事を部下に依頼するのでも、その目的を説明しておくのとしないのとでは大きな、差が出ます。(p73)


・問題が起きたときにどう解決するかなどは、場面でよりよい意思決定をしていくことが重要ですが、あらかじめ決めておくことができるものはできるだけ決めておくことです。(p84)


・会社で人を呼びつけては大声で怒鳴っている上司がいますね・・・いつも怒鳴られているだけでは永遠に同じことが続きます・・・怒鳴り続ける言葉の中には理屈に合わないこともあります。そんな瞬間を捉えて、「お言葉ながら、それは違います」と俄然反撃することです。(p117)


・部下全員が気軽に上司に話しかけてくるとは言いきれません・・・職場で「○○君、元気そうだね」と、自分から語りかけてあげるくらいの度量はほしいものです。(p159)


・三井物産本社の地下には大きな社員食堂があり、私は仲間と食事をすませて階段を上がっているときです。降りてきた見知らぬ男性がすれちがいざまに「君は社員か」と聞きます。「ハイ」と言ったとたん「ツマヨウジをくわえて歩くとは何事か。バカヤロー」(p)


▼引用は、この本からです。

我慢するな 部下は堂々と叱れ
古川 裕倫
グラフ社
売り上げランキング: 198521


【私の評価】★★★☆☆(73点)



著者紹介

 古川 裕倫(ふるかわ ひろのり)・・・1954年生まれ。三井物産に入社。10年の海外勤務を経験。2000年に株式会社ホリプロの取締役としてヘッドハントされる。2007年に株式会社リンクステーション代表取締役副社長。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: