「レバレッジ時間術」本田 直之

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
【私の評価】★★★★☆(80点)


■仕事をしていると、現実問題として、
 一日で2の仕事ができる人と、
 一日で5の仕事ができる人がいるのは確かです。


 確かに一日で5の仕事をする人の仕事は、
 ツメが甘いことがありますが、上司としては、
 レスポンスが早いので使いやすい部下といえるでしょう。


 この本では、効率的な一日の時間割りから、
 短時間で同じ成果を出すテクニックなどが、
 バランスよく説明されています。


■私が非常に参考になったのは、
 チェックリストの活用です。


 「セミナー」のチェックリスト、
 「旅行」のチェックリストなどを作っておけば、
 これをもとに準備することで「漏れ」が減らせるのです。


 ・「タスクリスト」「備忘リスト」とともに、もうひとつ、
  よく活用しているのが「チェックリスト」です。・・・
  事前に何をやるべきかチェックリストをつくり、
  それを見ながら仕事を進める
ことにしています。(p94)


■本田さんの視点は、自分の貴重な時間を、
 「いかに効率的に( 成果 )と取り替えるか」
 だと思いました。


 同じ通勤時間でも、
 本を読む人と、ただ立っているだけの人では、
 天と地の差を生むのです。


 ・通勤時間に本を読んだりレポートを書いたり・・・
  特急に乗ってすし詰め状態で立っているだけの30分は、
  何も生み出さない「消費」ですが、
  各停に乗り、何かをしながら過ごせる45分は、
  資産を生み出す「投資」です
。(p173)


■そんなに効率、効率といわなくても・・・と思いつつ、
 本田さんの生活に、自分と共通点の多いと気づきつつ、
 複雑な心境で読み進みました。


 時間管理としては、すべてがバランスよく入っており、
 読みやすくまとまっていました。★4つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・重要なのは、やりたいこと・やるべきことのための時間を、
  あらかじめスケジュールから
  「天引き
」してしまうことです(p37)


 ・記憶作業は寝る前にするのが効果的です。・・・
  寝る前に暗記し、翌朝起きたら、どれくらい覚えているかを
  チェックし、忘れていたことは、
  その場でもう一度記憶する。(p142)


 ・平日は「すること」を決めているのに対し、
  休日は「しないこと」を決めています。・・・
  休日に「しないこと」とは、「仕事」です。(p143)


▼引用は、この本からです。

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書 ほ 2-1)
本田 直之
幻冬舎 (2007/05)
売り上げランキング: 70
おすすめ度の平均: 4.5
4 マンガ本からの脱却を目指す方への最初の一冊
4 読みやすい
5 上司にも読ませたい一冊

【私の評価】★★★★☆(80点)



■オーディオブック

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則


■著者紹介・・・本田 直之(ほんだ なおゆき)

 ラバレッジコンサルティング(株)代表取締役。
 日米のベンチャー企業に資本・経営参加。
 日本ファイナンシャルアカデミー取締役。
 コーポレートアドバイザーズアカウンティング取締役。
 年の半分をハワイで過ごす。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む