本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

成功するリーダーになる「人を生かす稲盛和夫の経営塾」

enspace 2021/01/23メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「人を生かす稲盛和夫の経営塾」


【私の評価】★★★★☆(84点)


要約と感想レビュー

■どうやって社員の心をつかみ、
 組織を活性化させ、かつ自らを
 高めていけば良いかを日々
 考えている経営者・リーダーの方は
 大勢いらっしゃるのではないでしょうか?


 この本は京セラ・KDDIを創業し、
 JALの経営再建も主導した
 稀代の経営者である稲森和夫氏が、
 自身が創業・経営上で直面し、
 悩みぬいた末にたどり着いた
 「人や組織を生かすためのノウハウ」が
 まとめられています。


■経営者・リーダーに求められる重要なことは
 「活力ある社風をつくる」
 「社員のやる気を引き出す」
 「幹部を育てる」
 「自らを高める」
 の4つです。


 京セラという会社は、
 「企業の経営理念・経営哲学」という
 見えない部分が競争力を生み出し、
 「世界一になる」という夢を描くことで
 社員の心に火をつけ、
 「アメーバ経営」という独自の経営手法で
 幹部を育成し、人間として正しいことを
 正しいままに行う「無私」の心をもって
 経営に臨むことで発展してきました。


 本書を読むことで、経営者やリーダーの方が
 直面する課題の解決へのヒントが
 分かるのではないかと思います。


■私は、稲森氏が会社を経営する理由が
 「お金儲け」のためではなく
 「全従業員の物心両面の幸福を追求する
 と同時に、人類、社会の進歩発展に
 貢献するため」であるということに
 非常に感銘を受けました。


 「従業員の生活を守るため」
 「人類、社会の発展に貢献するため」に
 自己犠牲をしたり、心苦しいながらも
 部下を厳しく叱ったりしている
 稲森氏の姿勢が、京セラをここまで
 発展させた原動力になったのではないか
 と思います。


 稲盛さん
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・トップが現場へ行き、厳しく指導することなく、理念や社風だけが先行しても意味がないのです。トップが現場で率先垂範し、一生懸命働くからこそ、伸びる社風が生まれるのです。(p.56)


→「こうありたい」とただ決めるだけではなく、リーダーが率先して現場に立ち、その姿を部下に見せることが重要であると感じました。


・価値判断というのは、実は人格を投影したものなのです。その人が見栄っ張りだった場合には見栄っ張りの方向へ、怖がりだと怖がりの方向へ物事を決めてしまう。(p.208)


→経営者の判断というものですら、その人の人格に左右されてしまうものであると気づかされました。優れた人格を育むために、「謙虚に先人から学ぶ」姿勢と「利他の心」を常に持っていきたいと思います。


こんな人にオススメしたい!

・組織課題に直面してる経営者・リーダーの方
・モチベーションをあげる方法を知りたい方
・尊敬されるリーダーになりたい方


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです
「人を生かす稲盛和夫の経営塾」
稲盛和夫、日本経済新聞出版


【私の評価】★★★★☆(84点)



目次

第1章 活力ある社風をつくる―見えざる部分が競争力に差をつける
第2章 社員のやる気を引き出す―夢を描き、心に火をつける
第3章 幹部を育てる―共同経営者をつくる
第4章 自らを高める―尊敬されるリーダーとなる
終章 リーダーの役割10カ条


著者紹介

 稲盛和夫(いなもり かずお)・・・1932年鹿児島県生まれ。1959年京都セラミック(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、1997年より名誉会長を務める。1984年には第二電電(現KDDI)を設立、会長を経て2001年より最高顧問。2010年2月、日本航空会長就任。若手経営者のための経営塾「盛和塾」の塾長


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメントする


同じカテゴリーの書籍: