本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法」出口治明

(2020年5月28日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(83点)


■日本生命で国際業務部長などを歴任し、
 ライフネット生命保険会長の
 出口さんの一冊です。


 1万冊を読んだという出口さんの
 読書の時間は、寝る前の1時間です。


 寝る前に1時間くらいなら
 テレビを見ると思えば
 できそうな読書習慣ですね。


・「朝1時間、新聞を3紙読む」ことと、「就寝前の1時間、本を読む」ことは、私の習慣です・・忙しいからといって、歯を磨かない人も、お風呂に入らない人もいない・・(p121)


■出口さんは、興味あれば
 本を7~8冊読んでから、
 実際に現地に行ってみるという。


 例えば、神社について興味があれば、
 神社についての本を7~8冊読み、
 日本中の「一の宮」を訪ねてみる。


 ワインなら本を読みつつ、
 自腹でワインを飲んでみる。


 知識だけでなく、自分で経験し、
 人と話すことで、知的な教養が
 身につくのでしょう。


・取引先に、とても神社が好きな人がいました・・・3カ月ほどかけて7~8冊の本を読み、「神社って、こういうものなんだな」ということを大枠で理解したあとで、日本中の「一の宮」を訪ねてみることにしたのです(p75)


■私の周りにはいないタイプの人で
 とても刺激になりました。


 世の中にはまだまだ
 自分の知らない知的な世界が
 広がっているのです。


 ビジネスだけではなく
 もう少し厚い本にも
 挑戦してみようと思います。


 出口さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・すべてのビジネスは、人間と人間がつくる社会を相手にしているのですから、「人間とはどういう動物なのか」を理解することを優先したほうがいいと思うのです(p138)


・誰でも一度くらいは、仕事で足を引っ張られ、悔しい思いをしたことがあるでしょう・・・「あの小説に出てきたように、人間の世界は嫉妬深いんだな」と客観的に物事を捉え、「まぁ、今回は仕方ないな。次回はこの轍を踏まないようにしよう」と自分を落ち着けることぐらいなものでしょう(p90)


・人間が生きていく以上、「この世界をどのようなものだと理解し、どこを変えたいと思い、自分はその中でどの部分を受け持つか」を常に考える必要があると思っているのです(p30)


・自分の仕事に関する勉強は、最低限、押さえておく。そのうえで、自分の好きなことを教養として学んでいけばいいと思います(p45)


・欧米の経営者は、ホッブズやルソー、デカルトといった古典の原典をしっかり読み込んでいます・・簡単に要約された『論語』を日本の経営者が読んで、それを座右の一冊に挙げるのは、少し、情けないような気がしています(p54)


・どのジャンルを学んだらいいか・・・好きなものから学べばいい・・・他人から薦められたら、騙されたと思って試してみる、という方法もあります(p43)


・「厚い本→薄い本」で体系的に知識を得て、「ああ、ワインの世界というのは、こんなものなんだな」ということがわかったら・・・あとは、実際にワインを飲んでいくだけです(p75)


・教養は、言葉を替えれば、人間の「精神のあり方」であり、その人の人生に対するスタンスだと考えています(p27)


・ギリシャ・ローマ時代からルネッサンス期にかけて、「人を自由にする学問」と見なされていた科目があります。文法学、修辞学、論理学、算術、幾何、天文、音楽の7科目です・・・中国の「四芸」(琴・囲碁・書・絵画)も、古くから教養人のたしなみとされていました(p46)


・ビジネス書があまり好きではないのは、1ビジネス書は、後出しジャンケンである 2ビジネス書は、抽象化されすぎている という、おもに2つの理由からです(p134)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

出口治明、KADOKAWA


【私の評価】★★★★☆(83点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

1章 本とは「何か」―教養について考える
2章 本を「選ぶ」―「おもしろそうな本」という鉄則
3章 本と「向き合う」―1行たりとも読み飛ばさない
4章 本を「使う」―著者に左右される人、されない人
5章 本を「愛する」―自分の滋養、他者への架け橋


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: