本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「Change The Label 人生を変える「自信」のつくり方」加藤 史子

(2020年5月29日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(80点)


■大学で心理学を学んだ著者は、
 メンタルトレーナーとして
 「自信を持ちたい」人たちと
 向き合ってきました。


 著者は、世界中の心理学の手法を
 実際に使ってみて効果を測定。
 独自の方法を確立したのです。


 まず、簡単に自信がつく方法は、
 ラベルを張り替えることだという。


 ラベルとは、商品に貼ってあるラベル。
 人で言えば肩書、ビジネスネーム、
 自己イメージのようなものでしょう。


・望んでいることが実現するようなラベルを考える・・・
 ・世界の最先端をいくエンジニア
 ・ミリオンヒットの仕掛け人、凄腕編集者
 ・選ばれる営業マン・・・(p66)


■こうしたラベルは、
 自分に貼るだけでなく、
 周囲の人に貼ることで、
 相手も変わっていくという。


 つまり、相手に悪いラベルを貼れば、
 相手は悪くなり、
 相手に良いラベルを貼れば、
 相手はラベルのとおりになる。


 特に子育てを経験した人にとって
 「人は貼ったラベルのとおりになる」
 という事実は、
 耳に痛いのではないでしょうか。


・「落ち着きのない子ども」・・・「じっとしていられない問題児」というラベルにするのではなく、「エネルギーが高い」「行動力がある」「好きなことをとことんやる」というラベルにしてもいいわけです(p85)


■後半は、良いラベルの効果を
 維持するためのアファーメーション、
 落ち込んだ時の心の切り替え方法と
 なっていました。


 「ワークの女王」と言われるだけあって、
 セミナーでは心理学を応用したワークを
 重視しているようです。


 心理学のメソッドも
 こうした実務に活用されると
 うれしいのではないでしょうか。


 加藤さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自信を持てず弱気なプレーをしている少年に、ミゲル監督は「君は日本のマイネールだ」という言葉をかけました(p58)


・自分で自分のことを認めているから、人も認めてくれるようになるのです(p8)


・アファーメーションとは、自分に対する肯定的な宣言です。あなたの発言や頭の中で考えている言葉が無意識に影響し、あなたの信念をつくりだしています・・・繰り返し読んだり、読んだ音声を録音して聴いたりすると、さらに効果が出ます(p157)


・潜在意識を活用するイメージワーク・・・
 このままの私で認められている
 このままの私で愛されている
 このままの自分で大切にされている(p145)


・何か1つ自信を持つことができると、他のことまでうまくいくようになる(p54)


・自信があると何が起きるのか?・・・やりたいことを躊躇なくできる・・・人の評価に傷つかない・・・人目を気にせずにやりたいことができる・・やりたいことを「やってみたいです」と言える(p23)


・どうしても好きになれない上司や部下・・・ユニークなキャラクターのラベルを相手に貼るのです・・ジャイアン課長・・コバンザメ係長・・お金のことばかり細かく言ってくる「カネゴン」(p84)


・気持ちの切り替え方・・・
 1この出来事の中で良かったことがあるとすれば、それは何か?
 2次に同じような場面があったとしたら、どこをどのように変えたいか?
 3そのように変えるために、今できることは何か?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

加藤 史子、ごきげんビジネス出版

【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

プロローグ 自信がつくと人生は変えられる
第一章 なぜ、自信を持つことが大切なのか?
第二章 自信をつける簡単な方法「チェンジ・ザ・ラベル」
第三章 自信をより強固なものにする簡単なコツ
第四章 一瞬で自信がある状態に切り替わる方法
第五章 最高の未来をつくる「チェンジ・ザ・フューチャー」
エピローグ 「ある」と思えばある


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: