「仕事は"6勝4敗"でいい 「最強の会社員」の行動原則50」 出口治明

|

仕事は

【私の評価】★★★★☆(84点)


■著者は日本生命で国際業務部長まで出世し、
 後にライフネット生命を創業しています。


 本書の内容としては、
 ライフネット生命のPRと
 仕事の進め方と人間関係の
 注意点という内容になっています。


 著者がライフネット生命を創業したのは、
 「若い世代の保険料を半分にしたい」
 という思いがあったらしい。


・私たちが後世に大きな影響を
 与えるようなことは
 難しいかもしれませんが、
 限られた時間を生きる一生の中で
 「自分が公(社会の利益)のために
 できることは何か」を
 考えることはできます(p214)


■仕事の進め方では、
 ロジックとスピードを重要視
 していることが印象的でした。


 やはりビジネスは感情より
 ロジックで判断したい。


 逆に言えば、日本生命では
 感情的な人間関係に
 悩まされることが多かった
 ということでもあるのでしょう。


 嘘や噂で足を引っ張られた
 こともあるようですが、
 対策としては放っておくしか
 ないようです。


・誹謗中傷もあれば、嘘や噂で迷惑することも
 成果の横取りもあるのが、
 現実の社会です・・・
 「現実は小説と同じやな」(p91)


■出口さんでも仕事では、
 うまくいったり、
 うまくいかなかったり
 していたようです。


 少し気が楽になりました。
 人生七転び八起きと
 言う通りなのですね。


 出口さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「苦手な人とは淡々と付き合う」
 ことにしましょう・・
 努力が裏目に出るようなら深入りはせず、
 会社の規定に則り、ビジネス上、
 必要最低限の淡々とした付き合いに
 留めればいいのです(p54)


・仕事は6勝4敗でいい・・・
 人間は感情の動物ですから、
 相手に花を持たせることが
 後々の関係を温かなものにしてくれます。
 目的を達成すればいいのですから、
 勝ちすぎないこと(p85)


・「やりたいことが見つからない」
 と悩んでいる人・・
 私は「人生80年もあるのだから、
 見つかるまで探せばいいと思う」
 と伝えます(p11)


・言ったことを後悔し、迷い、
 悩むだけ、時間のムダでは
 ないでしょうか・・・
 やってみてダメだとわかったら
 やめればいいのです(p14)


・「仕事量×スピード」で
 インパクトを高める(p76)


・仕事の進め方には、矛盾した
 ふたつの正解があります。
 ひとつの正解は、自分の頭で考え
 腑に落ちるまで考え、
 実行に移すこと。
 もうひとつの正解は、
 上司から言われた通りに、
 実行に移すこと(p34)


・丁寧に時間をかけて1週間後に持っていく人・・
 仕上がり次第すぐに持っていく人・・
 もし私が上司だったら、
 評価するのは仕上がり次第
 すぐに持ってくる部下です(p42)


・私はライフネット生命の社員に、
 「困ったことが起こったら、ギャーッと叫べ」
 と言っています(p45)


・20代、30代の若いビジネスパーソンにとって、
 最大の資産は貯金や株式(などへの投資)
 ではなく、自分自身です(p122)


・古典を読んでわからなければ、
 自分がアホやと思いなさい。
 新著を読んでわからなければ、
 書いた人がアホやと思いなさい(p128)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


仕事は
出口治明
朝日新聞出版
売り上げランキング: 58,318

【私の評価】★★★★☆(84点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)