本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「日本の「老後」の正体」高橋 洋一

本のソムリエ 2019/04/15メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書)


【私の評価】★★★★☆(88点)


要約と感想レビュー

■高橋さんの持論である
 デフレの原因が日銀の金融政策にあること、
 国の借金はそれほど危機的ではないこと、
 消費税増税で税収は減ることに、
 年金の話題をプラスしたものでした。


 年金の危機については、
 破綻するわけではなく
 もらえる金額が小さくなる
 可能性はあるというもの。


 そのため私的年金で手数料の低いものを
 選んでかけて積み立てておくことを
 お勧めしています。


・「国民年金は未納率が4割もあるから危ない」と、年金破綻を危惧する声もある・・・本当に支払っていない人は・・約3%しかいないんだよ・・・特例として保険金を免除されている人を「未納」扱いして、「未納率が高くて大変」と騒ぎ立てるのは、違和感を覚えるよね(p209)


■大蔵官僚時代に金融緩和を主張していた
 著者にしてみれば、
 黒田バズーカ砲でとりあえず
 GDP、物価、求人が増えたじゃないか、
 と言いたいのでしょう。


 これまでの政策の結果について
 だれが責任を取るのか。


 そして残る心配は、
 自民党が野党のときに初心者政権が騙されて
 消費税増税を決めており、
 景気を腰折れさせ続けていることです。


 消費税増税でトータルの税収は減るのですから、
 本質は所得税や法人税を
 減らそうとしているのでしょうか。


・日銀が黒田・岩田体制になってから6年間で、実質GDPは498兆円から533兆円に増え、有効求人倍率は0.83倍から1.63倍に、消費者物価指数も‐0.2%のデフレだった水準から、+0.7%というプラスの水準に移行した(p89)


■思ったより年金の記載が
 少ないという印象でした。


 景気が良くなれば年金問題も
 自然と解消します。


 政権批判ばかりのマスコミには
 期待できませんので、
 私たちは自ら財務省と日銀の動きに
 注意しなくてはならないのでしょう。


 高橋さん、
 良い本をありがとうございました。



この本で私が共感した名言

・「年金は将来、破綻する」といった言説を真に受けて、年金を払わないでいるのは、老後のリスクを大きくするだけです(p6)


・リーマンショック・・・アメリカとイギリスの中央銀行は、すぐにバランスシートを拡大し、量的緩和政策を行った。一方、日銀はバランスシートの拡大を行わなかった・・(p54)


・1990年代はじめ、当時上智大学経済学部教授だった岩田規久雄先生は、急激にマネーストックが減少していることを問題視して、「このままいくと危機的な景気後退を招く」と訴えた・・・当時、日技調査統計局企画調査課長だった翁邦雄氏は・・「今、マネタリーベースを増額して金融緩和をしても効かない」と主張し、ほとんど対策を打たなかった(p85)


・日銀総裁には、バブルを潰した第26代日銀総裁・三重野康氏以降、松下康雄、速水優氏、福井俊彦氏、白川方明氏と、金融緩和に消極的な人物ばかり・・・歴代の日銀トップの座にあった人々が、ことごとく誤った経済認識を持っていたんだ(p150)


・日本経済がデフレから脱しようとする度に、日本の金融政策を、ただ唯一司る存在である日本銀行が、「ゼロ金利解除」や「量的緩和解除」「CP・社債買入停止」といった、金融"引き締め"政策を行ってきたことがわかる・・結果、多くの自殺者を増やしてしまった(p114)


・2度の消費税増税がさらに景気に追い打ちをかけたと一発で分かる。その結果、税収の基礎となる名目GDP成長率が減り、プライマリーバランスが悪化した・・・改善させようとして行った消費税アップによって、何で逆にマイナスになっちゃったんですか?(p143)


・世界的に見てもなかなかデフレが起きることはなく、直近では、1929年から1933年にかけて世界中の資本主義国に広がった経済不況、世界大恐慌の時まで遡るしかない・・・この時の日本は、東北の農民を中心に、娘を身売り話や欠食児童の報告が増大したほど凄惨な時代だった(p78)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書)
日本の「老後」の正体 (幻冬舎新書)
posted with Amazonアソシエイト at 19.04.14
高橋 洋一
幻冬舎 (2019-03-28)
売り上げランキング: 566


【私の評価】★★★★☆(88点)



目次

第1章 日本経済は本当に成長できないのか
第2章 なぜ日銀の政策はうまくいっていないのか
第3章 「国の借金1000兆円」はやっぱり嘘でした
第4章 「日本の年金が破綻する」もやっぱり嘘でした
第5章 老後の生活防衛・完全マニュアル
終章 なぜ国民に真実が伝わらないのか


著者紹介

 高橋洋一(たかはしよういち)・・・1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員などを経て、2006年から内閣参事官。金融庁顧問、株式会社政策工房代表取締役会長、2010年より嘉悦大学教授。著書多数。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: