本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判」石 平

(2018年4月10日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判


【私の評価】★★★★☆(80点)


■著者の石(せき)さんは、
 祖国を共産党に奪われた中国人です。
 現在は日本に帰化しています。


 石さんには、安倍首相を批判する野党と
 連携する左翼活動家、テレビ、新聞は、
 中国共産党に見えるようです。


 つまり、近衛兵が敵対勢力にレッテルを貼り、
 組織的・暴力的な吊るし上げを行った
 文化大革命と同じに見えるのです。


・SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)・・日本のメディアの多くが彼らを「若者の代表」として持ち上げてきた。しかし、私の目には、彼らはまるで文革時代の近衛兵のように映った・・首相を「バカか、お前は」と口汚く罵り、国会周辺をデモで取り囲み・・(p6)


■「アベ死ね!」「アベ辞めろ!」と
 罵声をあびせ、選挙妨害をする。


 安倍首相が、
 「こんな人たちに負けるわけにはいきません」
 と発言すれば、
 それだけをニュースで取り上げて批判する。


 こうした左翼活動家とマスコミの連携は、
 今も続いているのです。


・日本の左翼は安倍首相のことを「独裁者」と罵倒しながらその演説を公然と妨害する。彼らは別に、日本国の首相が怖い独裁者とは全然思っていないことの証拠だ。逆に、人の演説を妨害するのは、要するに彼らこそが、人の意見を許さない独裁者思考の人間なのである(p36)


■共産化を目指す勢力の怖さを知っている
 石さんならではだと思いました。
 日本人はあまりにお人好しなのです。


 さらに言えば、中国もこうした勢力に
 支配されてしまったという
 反省でもあるのでしょう。


 石さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・社会党はかつて北朝鮮による日本人拉致の存在を認めず、まるで政府や保守派の捏造であるかのように論じてきた・・北朝鮮のミサイル発射にかんし、社民党の又市幹事長が「いたずらに"北朝鮮の脅威"を煽ってはならない」とコメント(p23)


・日本共産党をはじめとするリベラル勢力の「平和主義」とは、要するに日本の軍事力を否定するためのイデオロギーであり・・北朝鮮が核実験しようが、中国が毎年、軍事力を前年比2桁増としようが、彼らからすれば平和を乱す行為ではない。彼らにとっては、こうした脅威に日本が備えるために軍事増強やアメリカとの連携を強めることこそ平和を乱す行為なのだ(p32)


・日本共産党のあさか由香氏は自衛隊の装甲車が東神奈川駅付近を走っていくのを見て、「怖い世の中になってきた」とコメントする。しかし日本を守るための自衛隊が日本の町を走ることはどうして「怖い」なのか。ひょっとしたら彼女は、「中国人民解放軍の戦車なら熱烈歓迎したい」とでも言いたいのか(p30)


・シールズにしても野党連合にしても、さかんに安倍政権は「独裁」だと批判する。しかし、国会で民主主義の多数決の原則によって決められた法案を、独裁によって成立したかのように批判するのはおかしい。彼らにとって何が民主主義なのだろうか(p118)


・2017年7月の参議院選挙では、自民党の片山さつき候補や安倍首相が街頭演説の際に、「アベ死ね」「戦争法反対」などと書かれたプラカードを持つ左翼系団体と見られる集団に取り囲まれ、「帰れ!」などと罵声を浴びせられる選挙妨害を受けた(p35)


・ニューヨークタイムズ紙は安倍首相の訪米にかんし、「中国と朝鮮に対する日本の野蛮な占領」への「反省」を求める社説を掲載した。しかし、たとえば中国の指導者が訪米した際、この新聞はけっして「チベットにたいする野蛮な占領」をもって中国を批判しようとはしない(p145)


・世界的にも好評である「安倍マリオ」に対し、何でもかんでも「反安倍」の日刊ゲンダイは「汚物」とか「ヒトラー」とかの、それこそ汚い言葉を浴びせかける。国会で選ばれた一国の首相をそこまで罵るこの新聞は・・(p150)


・中国の北京大学で「第2回琉球・沖縄最先端問題国際学術会議」か開催され、沖縄、中国双方の研究者らが琉球・沖縄史や中国との交流史を議論したという・・不可解なのは、沖縄の「米軍基地問題」や「独立問題」といった日本の国防・主権にかかわる重大問題が、中国という第三国の研究機関主催の会議で議題にされたことだ(p77)


・民進党・・外国人参政権を政策目標にしている・・菅直人元首相や前原誠司元外相が在日外国人から違法な献金を受けていた・・外国人にカネをもらって外国人参政権を通そうとしたのか・・(p185)


・韓国のネットメディア「デイリージャーナル」は、慰安婦問題を取り上げながら、「もし機会があれば、日本皇室の佳子姫を慰安婦にするしかない」(2015年5月15日付)などと佳子内親王を侮辱する記事を掲載した(p162)


・今まで、国家間の約束を平気で破る韓国側の行動に日本が何度も翻弄されてきたが、このような国と何の約束もできないことを、わが日本国政府はいつになったら分かるのか(p158)


・日本はよほどお人好しだと思わざるをえない。中国に対しても「日中友好」が目的化し、ODA(政府開発援助)など多額の資金援助を中国に行ったにもかかわらず、感謝すらされずにむしろ軽く見られ、江沢民以来の反日教育を招いてしまった・・(p160)


・自民党の二階幹事長は「認めねば時代遅れ」との理由で「女性天皇容認」を口にした・・二階氏といえば、「媚中派」としても知られ、かつて江沢民の銅像を地元(和歌山県田辺市)に建てようと画策・・(p127)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ



【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 独りよがりの日本の左翼リベラル
第2章 中国の脅威を無視し、お先棒を担ぐ者たち
第3章 支離滅裂な護憲論
第4章 リベラルが掲げる「言論の自由」の嘘
第5章 日本弱体化をねらう外国勢力とリベラルの関係



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: