本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「魔の薬(クスリ)―それでも覚醒剤をやりますか?」北芝 健

(2016年2月10日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

魔の薬(クスリ)―それでも覚醒剤をやりますか?

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■清原選手の覚せい剤ニュースを見て
 手にした一冊です。


 のりピー事件の頃、
 元警視庁捜査官の北芝さんが、
 日本の覚せい剤について
 わかりやすく解説してくれています。


 麻薬【クスリ】は、昔から、
 ハードな仕事である兵士や芸能人に
 使われていたらしい。


 昔は合法の麻薬【クスリ】もあり、
 疲れたときに健康ドリンクを
 飲むようなものだったのでしょうか。


・「ヒロポン」が合法だった頃、
 多くの芸能人がハードスケジュールと
 食糧不足のためにやむなく
 汚染されていきました(p59)


■そして現在でも、水商売や芸能界、
 新興宗教から一般市民まで
 麻薬【クスリ】が広がっているらしい。


 マイケルジャクソンも
 薬物大量投与で死んでしまったし、
 表に出た芸能人だけでも
 のりピー、小向美奈子、押尾学が
 思い浮かびます。


 オウム真理教の施設でも、
 200万錠分以上のLSDの材料が
 押収されているのです。


・裏社会では「売春婦を三人飼っていると
 王侯貴族の暮らしができる
」と言います・・
 その売春婦をつなぎとめておくために
 覚せい剤を与えるのです(p146)


■こうした情報を警察は、
 タレこみによりある程度把握していますが、
 逮捕・起訴するまでが大変なようです。


 裁判で確実に勝つために、
 決定的な証拠固めが必要であり、
 そこが難しいとのこと。


 北芝さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本でも1951年(昭和26)年に覚せい剤取締法が
 出来るまでは罪にならなかったので芸能人の
 覚せい剤使用は当たり前に行われていました(p25)


・覚せい剤は・・副作用も多く、
 のどが異常にかわく、汗を多量にかく、
 血圧が上昇する、便秘になる・・(p46)


・シャーロック・ホームズ・・彼は
 ヘビースモーカーでモルヒネやコカインの
 常習者として描かれています(p66)


・北朝鮮こと朝鮮民主主義人民共和国・・
 中国との国境の町「青水」に旧日本軍が
 残した化学工場があります。
 そこを覚せい剤専用の工場として
 高濃度、高純度の製品を量産(p107)


・麻薬【クスリ】は古来より兵士の士気を高める
 目的で広まってきました。
 日本の覚せい剤、ヒロポンと同じこと(p114)


・警察はどの暴力団がどこで覚せい剤を売り買いしているのか、
 外国人密輸国のどういうルートで仕入れているのか、
 どんな芸能人、有名人とつながりがあるのか、
 大体のところは掴んでいます・・覚せい剤に関する
 密告はそれこそ引きも切らずにやって来ます(p153)


・オウム真理教は麻薬【クスリ】に手を出していました・・
 麻原教祖の神通力を演出するために必要だったからです・・
 教団の科学技術省大臣だった村井秀夫は・・
 覚せい剤製造の総責任者でもあります。
 彼を殺したのは広域暴力団関係者で在日コリアンでした。
 これは全くの偶然でしょうか(p156)


魔の薬(クスリ)―それでも覚醒剤をやりますか?
魔の薬(クスリ)―それでも覚醒剤をやりますか?
posted with Amazonアソシエイト at 16.02.09
北芝 健
あうん
売り上げランキング: 176,888

【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

1 「のりピー事件と警察」
2 覚醒剤の基礎知識
3 有名人と麻薬"クスリ"
4 ニッポン覚醒剤事情
5 超巨大産業、麻薬"クスリ"シンジケート
6 「The drug history」
7 笑うドラッグマン
8 麻薬"クスリ"のない社会に

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: