「気まずくならない雑談力」中谷 彰宏

|

気まずくならない雑談力 15秒の会話が一生を変える

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■中谷さんは雑談のプロです。


 インタビューを受けたら、
 最後の5分で逆に取材する。


 タクシーでも運転手に話しかける。
 何事も情報収集ですね。


・私が30分のインタビューを受ける時は、
 25分を取材にあて、残り5分で、私から
 「ほかはどういう仕事をやっているの?
 「何系が好きなの?」と質問します。(p31)


■中谷さんは、パターンを持っています。


 相手が見ていることを
 ネタにする。


 相手の興味のあることを 
 ネタにする。


 相手の興味
 見つけることが得意なのです。


・応接室に入ったら、絵を見る・・・
 社長は好きな絵を飾っていても、
 自分からは言えません。そこをついていく(p116)


■やはり、本音は雑談や、
 飲み会でしか出てこない。


 飲み会ばかりはできませんから、
 雑談が大事になるのでしょう。


 中谷さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・会社で部下から慕われて「あの人についていきたい」
 と言われる上司は、仕事ができる人ではありません。
 単に、コミュニケーションが上手な人です。(p5)


雑談は、相手を油断させる作戦です。
 本当は何かというホンネを
 ボロッと言ってしまうのが雑談なのです(p36)


・飲み会は、部下のストレスを増やす。
 ふだんの短い雑談が、ストレスを取り除く。(p82)


・相手が壁の絵を見ていたら、
 壁の絵についての話をします・・・
 ブティックの店員さんは、
 お客様の見ているモノの話をするのが
 一番盛り上がるのです(p87)


・茶器のよさはわからなくてもいい。
 ただ、茶器を見る人はほとんどいない(p116)


・私の母親は、運転手さんの肩を叩いて
 すぐに話しかけます。
 京都や大阪では、一部の運転手さんは
 話題に勝手に入ってくるのです(p161)


気まずくならない雑談力 15秒の会話が一生を変える
中谷 彰宏
あさ出版
売り上げランキング: 18,595

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■目次

第1章 たった5分の雑談で人生が変わる。
第2章 エレベーターの雑談で、チャンスがつかめる。
第3章 雑談することで、ネタが集まる。
第4章 廊下の雑談で、勝負がついている。
第5章 雑談で、距離が一気に縮まる。
第6章 雑談した人を、好きになる。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)