「近江商人魂―蒲生氏郷と西野仁右衛門(上・下)」童門 冬二

| コメント(0) |

近江商人魂―蒲生氏郷と西野仁右衛門〈上〉 (人物文庫)近江商人魂―蒲生氏郷と西野仁右衛門〈下〉 (人物文庫)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■織田信長~豊臣秀吉の時代における
 近江商人仁右衛門の人生を追う
 時代小説です。


 当時の商人とは、大名とつながりを持つ御用商人、
 自分で物を運ぶ行商人がありました。


 仁右衛門は行商人として商売をはじめました。


・道を歩くときには、いろいろな料金を取られたり、
 また品物を取られたものだ。しかし、いまわたしたちが
 自由に歩けるようになったのは、亡くなった織田信長さま
 という方のお蔭だよ。考えてみれば、あの人は偉かった(下p128)


■当時は、近江商人としての評判は確定しておらず、
 物が売れず仁右衛門は苦難の連続です。


 しかし「信用」を積み重ねる
 良心的な商売を続けていきます。


 織田信長から始まった楽市楽座という
 商売の自由化によって
 商人が活躍できる素地が
 できつつあったのかもしれません。


信用などというものは、
 たった一つの行為や作為や才覚などで
 生み出せるものではない。
 それこそ自分の生涯を通じて、
 自然に、自分の外から造られてくるものなんだ、とね。(上p209)


■会津の鶴ヶ城を作った蒲生 氏郷(うじさと)の
 生涯もわかりました。


 歴史を見るときに、
 武将を見るのもいいのですが、
 商人を見るのもよいと思いました。


 童門さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・普通、行商人は、自分が持っていった荷が全部売れれば、
 帰りは金だけ持って戻ってくる。
 しかし、近江商人は、そんなことはしない。
 売った金で、新しい品を買い込む。
 そして、それを故郷や故郷に近い市場に
 持っていって売るのである(上p14)


・信長がこういったことをおぼえている。
 「川に落ちた犬は、石で叩け」・・・
 「しかし、その石のツブテに屈せずに、
 岸に這い上がってくるような犬こそ、本当の強者なのだ」(上p135)


・信長にとって、茶会の効用は、
 その場で密談ができるということであった。
 つまり大名と町人がいっしょになって同じテーマについて
 話し合えるということである(下p47)


・山というのは、下から見ると低い。
 しかし、登りはじめると、次第に高くなる。・・・
 そして頂に近づくにしたがって、
 その高さはいよいよ増す。
 同時に、近くにある山々がよく見えてくる。・・・
 結局、山の本当の姿は、山に登ってみなければわからないのだ(下p65)


近江商人魂―蒲生氏郷と西野仁右衛門〈上〉 (人物文庫)
童門 冬二
学陽書房
売り上げランキング: 305,766

【私の評価】★★★☆☆(74点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)