「近衛文麿の戦争責任」中川 八洋

|

近衛文麿の戦争責任

【私の評価】★★★★☆(82点)


■ドイツのヒトラー、イタリアのムッソリーニ。


 この二人はファシストとして、
 「悪」というイメージがあります。


 では、ファシスト国家である
 ドイツとイタリアと三国同盟を
 結んだのは誰か。


 当時の首相は、近衛文麿(このえふみまろ)。


 総理大臣である近衛文麿は、
 三国同盟の締結に加えて
 次の2つを行いました。


 日中戦争の拡大


 アメリカとの開戦方針決定。


 国家総動員法と大政翼賛会による統制。


・日本は、近衛文麿首相の強引なリーダーシップのもとに
 1941年7月2日に早々と「対英対米戦を辞せず」
 (「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」)を
 御前会議で決定していた(p44)


■口では、「平和への努力」と言いながら、
 日中戦争に予算をつける。


 軍部とアメリカの圧力を理由に、
 勝てない戦争決断を正当化する。


 これは、近衛がバランス感覚を欠いた
 無能な人であったか、

 または心の底に別の意志を持った
 天才であったかのどちらかなのでしょう。


 著者の考えは、
 近衛は共産主義者として
 確信を持って行動していたということです。


・近衛文麿が積極的に側近に登用した共産主義者としては、
 書記官長(=現在の官房長官)の風見章(親ソのマルキスト)、
 ゾルゲ事件の首謀者の一人として死刑となった尾崎秀実(ソ連のスパイ)、
 日中講和の阻止に暗躍した西園寺公一(中国共産党系のマルキスト)や
 犬養健(同上)、朝日新聞の佐々弘雄、松本重治など(p66)


日中戦争を拡大する近衛文麿の目的は、
 日本の対ソ連向け軍事力を分散させること。


 中国を弱体化させ、共産化すること。


 日本を弱体化させ共産化させること。


 そのような視点で見ると、
 近衛首相の行動が理解できるのです。


・「支那事変」の巨額予算は、軍が強要したり要求した
 痕跡がまったくない。つまり、正確な歴史事実は、 
 軍が独走し、軍によって戦火が拡大し、そして軍の圧力によって、
 政府がそれに抵抗しながらついに圧力に屈して、
 その予算をつけ増税した事実はまったくない(p130)


■近衛文麿については、あまりマスコミも
 報道しないようですので、
 集中的に調べてみたいと思います。


 さっそく、関係の本を
 5,6冊買いこみました。


 しばらくお待ちください。


 中川さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・米国のルーズヴェルトの周辺が共産主義者で
 固められていたのと同じく、日中戦争の早期講和を阻み
 「南進」を決行する日本でもまた、
 近衛文麿首相の周辺も共産主義者の巣窟であった(p66)


・近衛文麿は東京帝大(哲学科)をわざわざ中退し、
 京都帝大(法科)へ入りなおしているが、
 その理由は・・共産主義者の河上肇
 (京大助教授、共産党員、懲役五年の実刑)
 のもとで学びたかったからであった(p90)


・英米の主導で東アジアの平和が維持されていた
 当時の状況を破壊することが、つまり自由主義の
 故をもって英米をアジアから追放することが、
 近衛文麿の変わらない信条
であった(p105)


・近衛とは軍部の尻をひっぱたく積極的な指導者だったし、
 軍部以上に過激であった。近衛文麿の口グセ、
 「軍よりも先手をうつ」強行主義を貫いた。
 "革新"軍部もまた近衛の過激さに驚きつつ喜び・・(p170)


・5・15事件の首相暗殺のテロリストたちを無罪にしろ! 
 法を枉げろ!法なんかなんだ!と、"コミュニストの巣窟"
 朝日新聞(東京)が社をあげて連日、文字どおり一面トップの
 大キャンペーンを展開したことを忘れてはなるまい(p195)


・尾崎秀実の狙いは、具体的には、第一は中国の共産化であり、
 第二は日本の共産化・・・第三は、日本の軍事力を対中国の戦争で
 浪費させることによってロシアへの侵攻能力をゼロにする
 ことであった(p30)


近衛文麿の戦争責任
近衛文麿の戦争責任
posted with amazlet at 13.02.23
中川 八洋
PHP研究所
売り上げランキング: 29,970

【私の評価】★★★★☆(82点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)